Help us understand the problem. What is going on with this article?

Vim初心者が感じた、Vimの不満点を改善してみた

More than 1 year has passed since last update.

AtomからVimへ

今までテキストエディタはAtomを使用していたのですが、こういった記事を見てからAtomを使うのが億劫になってしまいました。
なので、最近はVimを使うようにしています。
Qiitaの記事を見ながら色々とプラグインを入れたりしていたのですが、操作に不満を覚えることがあったので、今回はVim初心者の私が改善した点を投稿します。

行頭・行末の移動とコマンドモードに戻るキー入力、打ちにくくないですか?

Vimはデフォルトでは、

Key  結果 
 0   行頭に移動 
 ^   行頭に移動 
 $   行末に移動 
 Esc   コマンドモードに戻る 
 ctl + [   コマンドモードに戻る 

となっています。
しかし、どれもホームポジションから少々離れているので、これを改善しようと思います。
私のタイピングスキルが低いだけですかね?笑
でも、少なくとも$とかは誰でも打ちにくいと思います……!

.vimrcの編集

こういったVimのコマンドを編集するのは.vimrcファイルを用います。
デフォルトでは無いので、自分で作ります。
そうしたら、このファイルを開いて自分の好きなように編集出来ます。

~$ touch .vimrc
~$ vim .vimrc

私は以下のようにしました。

noremap <C-h> 0
noremap <C-l> $
inoremap <C-j> <Esc>
vnoremap <C-j> <Esc>

これらは何を意味しているのかというと、

Key  結果 
 ctl + h   行頭に移動 
 ctl + l   行末に移動 
 ctl + j   コマンドモードに戻る 

という風にVimのコマンドを編集したことになります。
詳しい編集方法などは、下記の「参考にしたサイト」から見てみてください。
上記のようにすると、ほぼホームポジションが崩れないので、初心者でも高速にVimを扱えるようになると思います。

こういうのを考えるようになると、他の人がどういう設定をしているのか気になってきます笑
もし上記の設定だとまずい場合があれば教えてください!

参考にしたサイト

http://vimblog.hatenablog.com/entry/vimrc_key_mapping
https://cocopon.me/blog/2013/10/vim-map-noremap/

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away