今さら聞けないiOSシミュレータの使い方&機能まとめ

  • 191
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

はじめに

iOSシミュレータは、開発の初期やサンプルコードを動かす時によく使用しますが、知らない機能や使い方があったのでまとめてみました。

iOSシミュレータ?

  • Xcodeに付属
  • アプリケーションのテスト用として設計されている。

特徴

  • 設計や初期のテストの間に、アプリケーションの主な問題点を発見できる。
  • iOSシミュレータでしか使えない開発ツールでアプリケーションをテストできる。(位置のシミュレート、画面描画に関する問題点の発見などが可能)
  • iOSデベロッパプログラムのメンバーになる前に、Xcodeでの開発方法やiOSの開発環境について学ぶことができる。(AppStoreから無料でダウンロードし、シミュレータ上でアプリを動作させることが可能)
  • Macがインターネットに接続されていれば、ウェブサイトのレイアウトや動作の確認にも使用できる。(iOSアプリ開発者でなくても使い道はある)

シミュレータを使う

1.Xcodeプロジェクトから直接起動し、実行する。

「Xcode scheme」ポップアップメニューからiOSシミュレータ(iPhone Retina (4-inch)など)を選択し、「Run」をクリックします。(プロジェクトがビルドされ、シミュレータが起動し、アプリケーションが実行されます。)

2.単独で起動する

Xcodeを起動し、次のいずれかの方法で実行可能です。

  • 「Xcode」>「Open Developer Tool」>「iOS Simulator」コマンドを実行する。

  • Controlキーを押しながらDock内の「Xcode」アイコンをクリックし、ショートカットメニューから「Developer Tool」>「iOS Simulator」を実行する。

内蔵アプリ

シミュレータ内にインストールされたアプリは実機と同じように扱うことができます。
(App Storeから入手したアプリケーションはインストール出来ません。)

設定アプリ

iOSシミュレータには実機と同様に「設定アプリ」が存在しますが、iOSシミュレータの設定画面はテストを意識したものになっています。キーボード、言語設定、アクセシビリティのみ設定を切り替えることができます。

その他の標準アプリ

  • Safari
  • 写真
  • 連絡先
  • Game Center
  • カレンダー (iOS 7のシミュレータのみ)
  • マップ
  • Newsstand
  • Passbook (iPhoneのみ)

シミュレータ上でのジェスチャ操作

実機のようにスムーズにはいきませんがマウスでジェスチャ操作をシミュレートできます。

(ジェスチャ) (デスクトップアクション)
タップ クリック。
タッチアンドホールド マウスボタンまたはトラックパッドを長押し。
ダブルタップ ダブルクリック。
ドラッグ ドラッグ
スワイプ ドラッグ
フリック(はじく 素早くドラッグ。

2本指ドラッグ

  1. 2本指ドラッグを発生させようとする位置にポインタを置きます。
  2. Optionキーを押したままにします。
  3. 指でタッチする位置を表す円を、開始位置に移動します。
  4. Shiftキーを押したまま、円を目的の中心位置まで移動してからShiftキー を放すことにより、ピンチターゲットの中心点を移動します。
  5. Shiftキーとマウスボタンを押したまま、ドラッグしたい方向に円を描 くように動かした後、Shiftキーとマウスボタンを離します。

ピンチ

  1. ピンチを発生させようとする位置にポインタを置きます。
  2. Optionキーを押したままにします。
  3. 指でタッチする位置を表す円を、開始位置に移動します。
  4. Shiftキーを押したまま、円を目的の中心位置まで移動してからShiftキー を放すことにより、ピンチターゲットの中心点を移動します。
  5. マウスボタンを押したまま、その円内から終了位置まで移動した後、 Optionキーを離します。

回転

  1. 回転を発生させようとする位置にポインタを置きます。
  2. Optionキーを押したままにします。
  3. 指でタッチする位置を表す円を、開始位置に移動します。
  4. Shiftキーを押したまま、円を目的の中心位置まで移動してからShiftキー を放すことにより、ピンチターゲットの中心点を移動します。
  5. マウスボタンを押したまま、その円を終了位置まで回転した後、Option キーを離します。

各メニューについて

Xcode5に付属しているiOSシミュレータ(バージョン7.0)で増えた機能には(New)をつけてみました。

「ハードウェア」メニュー

デバイス

シミュレータ上で動作させるデバイス及びOSを選択できます。

反時計回りに回転、時計回りに回転

デバイスの回転をシミュレートできます。デバイスの向きを変えた時の動作を確認できます。

シェイクジェスチャー

デバイスを振る操作をシミュレートできます。

ホーム、ロック

ホーム画面及びロック画面へ切り替えることができます。アプリがバックグラウンドに移行した時の動作をシミュレートしたい時に役に立つでしょう。

メモリ警告をシミュレート

最前面にあるアプリケーションにメモリ不足の警告を送信できます。

着信ステータスバーを切り替える

通話中、ナビゲーション実行中、録音中などの状態ではステータスバーが2倍の高さになりますが、この状態をシミュレートできます。ステータスバーの高さが2倍になった際のユーザインターフェイスを確認できます。

ハードウェアキーボードをシミュレート

「ハードウェアキーボードをシミュレート」をオンにすることで、キーボードドックや無線キーボード等のハードウェアキーボードをシミュレートできます。(「ハードウェアキーボードをシミュレート」をオンになっている状態では、ソフトウェアキーボードが非表示になります。)

iOSでOSXと同じキーボードレイアウトを使用 (New)

iOSシミュレータ用のキーボードとして、Macのキーボード配列に最も近いものが自動的に選択されます。

テレビ出力

テレビ出力をシミュレートできます。

「デバッグ」メニュー

最前面のAppでスローアニメーションを切り替える

アニメーションの速度を落とし、アニメーションに問題がないか確認できます。

ブレンドレイヤー (カラー)

レイヤが重なり合っている部分を目立つように表示できます。(レイヤが重なっている部分は赤くなります。) 例えばUILabelの背景色を透明(clearColor)にしている場合も赤くなります。

赤い部分をできるだけ減らすことで、描画性能を向上させることができます。

コピーイメージ (カラー)

「Core Animation」がコピーした画像の上に青色のオーバーレイが表示されるようになります。

不揃いのイメージ (カラー)

ビューのピクセル位置が小数点以下の単位でずれている場合にカラーのオーバーレイを表示させることができます。

オフスクリーンレンダリング (カラー)

オフスクリーンで描画した領域に、マゼンタをオーバーレイして表示します。

システムログを開く... (New)

コンソール.appを開くことができます。

iCloud同期をトリガー (New)

iCloud同期機能のテストが可能です。(シミュレータの設定アプリでiCloudにサインインしておく必要あり。)複数デバイスにまたがるテストも可能であり、実機でのテストを行う前にシミュレータでのテストを行うと良いようです。
なお、iCloudのテストが可能なのはiOS 7.0をシミュレート時のみのようです。

位置

経度緯度を入力し、特定の場所にいるようシミュレートすることができます。

「ウィンドウ」メニュー

表示サイズ

Macの画面上に表示するシミュレータ画面のサイズを変更できます。

モーションコントロール (New)

(未確認です)

その他

  • iOSシミュレータには各種のコピー/ペースト機能が組み込まれており、シミュレータ内、およびシミュレータとMacの間で実行できます。
  • 「command+S」でスクリーンショットを保存できます。「control+command+c」でスクリーンショットをペーストボードにコピーできます。

シミュレータのバージョン

Xcodeのバージョンによって付属するiOSシミュレータのバージョンも異なります。

Xcodeのバージョン 付属するiOSシミュレータのバージョン
Version 4.6.3 バージョン 6.0
Version 5.0.2 バージョン 7.0

参考情報

iOSシミュレータ ユーザーガイド
https://developer.apple.com/jp/devcenter/ios/library/documentation/iOSSimulatorUserGuide.pdf