Help us understand the problem. What is going on with this article?

Android Studioをもっと便利に使うためのショートカット設定

Android Studioで色々とショートカットを設定して、便利な機能を活用できるようになったのでまとめておきます。

表記は全てMacなので、Windowsの方は Ctrl に置き換えて設定してください。

ショートカットの設定方法

ショートカットの設定方法は、 Android Studio > Preferences... または⌘ + ,で設定画面を開き、keymapメニューから設定したい操作を検索して、ショートカットコマンドを登録します。

スクリーンショット 2019-07-27 17.41.09.png

便利なショートカット設定

新しいプロジェクトを⌘ + oで開く

既存の設定だと ⌘ + o はクラス検索になっているのですが、個人的には新しいプロジェクトを開いてほしいので、ショートカットを上書きします。

Keymap からOpen...を検索して、⌘ + oを割り当てます。

スクリーンショット 2019-07-27 17.48.18.png

これで、他のプロジェクトの実装を確認したくなったときに、すぐに開いて確認することができます。

画面分割を⇧ + ⌘ + dで行う

Androidの開発をしていると、画面分割をしてlayoutとActivityファイルを並べて確認したり、関連するファイルを見比べながらコードを書いたりすることが多いので、画面分割のショートカットがあると便利です。

Split Verticallyを検索して⇧ + ⌘ + dを割り当てて、以下のような画面分割が簡単にできるようにします。

スクリーンショット 2019-07-27 17.58.34.png

単語の複数選択を⌘ + dで行う

vscodeやsublime textなどのエディタでは、単語の複数選択が⌘ + dで行えて、一斉に単語の修正ができるので、Android Studioでも設定します。

Add Selection for Next Occurrenceを検索して⌘ + dを割り当てます。
以下のように複数カーソルをあてることができるようになります。

スクリーンショット 2019-07-27 18.05.53.png

変数の一括置換をF2で行う

上の単語の複数選択では、同一の単語の置換ができるのですが、変数の複数選択では、その変数を参照している全ての部分に対して置換を行うことができます。
別ファイルで参照されているものも同時に修正が行われるのでけっこう便利で、変数だけでなく、ファイル名やパッケージ名の修正にも使えます。

Refactor > Rename...をvscodeでのショートカットに合わせてF2に設定します。

例えば、data classの名前を変えたくなった場合は、そのクラス名を選択してF2を押せば、以下のように参照している部分のクラス名が一括で置換されます。

スクリーンショット 2019-08-03 16.26.39.png

ファイルの保存時にコードフォーマットと不要なimport文の削除を行う

Android Studioでは、デフォルトで自動保存が行われるのですが、それに加えてコードフォーマットとimport分の最適化も行って欲しいので、 Save Actionsというプラグインを入れて、⌘ + sにショートカットを割り当てます。

スクリーンショット 2019-08-04 17.56.02.png

プラグインを入れたら、下記のようにSave Actionsの設定画面からActivate save actions on saveを有効にし、actionとしてOptimize importsReformat fileを有効にすれば、保存時にコードフォーマットとimport文の最適化が行われるようになります。

スクリーンショット 2019-08-04 17.57.52.png

Github関連のショートカット

Android StudioとGithubを連携するとGitを使った個人やチームでの開発が便利になります。

Githubとの連携方法

VCS > Git > Create Pull Requestを選択すると、初回はログインダイアログが出るので、そこにユーザー名とパスワードを入力すれば連携することができます。

スクリーンショット 2019-08-03 16.34.19.png

これで手元のコードが参照しているGithubのブランチと連携することができたので、Android StudioからいくつかGithubに対するアクションを行うことができるようになります。

Git Fetchを⌘ + 0で行う

個人的にはGit Fetchをけっこう頻繁に使うので、Android Studioのショートカットに設定しています。
⌘ + fとかが検索で使われているので、0から始めるために情報を取ってくる、という意味を込めて⌘ + 0を割り当てています。

VCS > Git > Fetch⌘ + 0に割り当てておくと、いつでも一発でfetchできるので地味に便利だったります。

Pull Requestの一覧を⌘ + ⇧ + pで確認する

Android Studioに最近入った機能として、View Pull Requestsというものがあります。
これを使うと以下のようにPull Requestの一覧がAndroid Studioで見ることができて、変更差分を含めたファイル全体も確認することができます。

スクリーンショット 2019-08-04 18.16.20.png

下タブに表示されているのがPull Requestの内容で、左から、「Pull Requestの一覧」、「Pull Requestの詳細」、「Pull Requestの変更差分」が表示されます。

特にチーム開発をする時には最もよく使う機能なので、ショートカットに登録しておくと便利でしょう。
Plug-ins > Github > View Pull Requests⌘ + ⇧ + pを割り当てるのがおすすめです。

今回はオリジナルのショートカットを割り当てていきましたが、既存のショートカットの活用については以下の記事を参考にしています。

Android Studioで覚えておくと便利なこと

他にも良さそうな機能を見つけたら、ショートカットに割り当ててこの記事も更新していこうと思います。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away