Posted at

ブランクエンジニア戦士が勇者パーティに参加するために

More than 1 year has passed since last update.

デジタルクエスト社のアドベント9日目。

開発部を統括している綿引が担当します。

本格的なコーディングをしなくなってからそろそろ2年が経過しそうになっておりますが、現場が炎上した際に颯爽と登場して沈下に務められるぐらいでなければ!と常日頃から思っています。

働く環境や自身の役割・キャリア構築などから、必ずしも自ら書くことの正当性を主張するつもりはありませんが、「自分ではできないことを人にやれ」と言うのは、あまり良い状態ではないと言えるでしょう。

と高尚なことを言いましたが実現できていないことも多々あり深く自省しております。

今回は私のようなWebやアプリのエンジニアがブランクを抱えた状態で、開発現場 (主にプログラミングやコーディング・実装) に復帰することを想定したシミュレーションをしてみました。


開発現場でプロジェクトという難敵に立ち向かう勇者パーティがココにいます。

あなたは、元々現場のエンジニア戦士であり、勇者パーティから参戦を要請されています。

現在は同業界に身をおいてはいるものの、プログラミングからは離れているため、ブランクを克服しなければ参戦は叶いません。

ブランクLvに応じてこの局面を打破しましょう。



ブランクLv: 10

(1年の間に、10日間連続でプログラムを書くことがなかった状態)


その頃

Swiftのオープンソース化やJavaScriptフレームワークが盛んでした。

AWSだけではなく国産クラウドも盛んであり、コスト面・機能面などで使い分ける企業が多かったのではないでしょうか。

ハードへの注目も高く、VR・IoTなど引き続き注目を集めています。

  弊社事例1:OnsenUI+AngularJSを使ってWeb・ネイティブアプリを作ってみた

  弊社事例2:Ionic(v1.3)でネイティブアプリ(iOS、Android)を作ってみた。


あなたの装備・スキル

現代言語の書 (知識 +50 / 成長 +30 / 1年前まで触っていたプログラミング言語知識)

迷い人の杖 (決断 -20 / やる気 -20 / プログラムを書くことに復帰すべきか迷わせる杖)

論理的思考回路 (素早さ +10 / 正確さ +10 / コーディング速度と正確さを向上)

見聞アンテナ (情報収集 +20 / テック系の情報収集効率を向上)


克服方法

症状は軽度です。「迷い人の杖」を捨てて、やる気と決断力さえ取り戻せば戦線復帰は目前でしょう。

興味関心も未だ維持できていますので、多少、最近の業界動向に置いて行かれてはいるものの、最新情報とあなたの知識のマージは朝飯前です。

情報のマージだけをして安心してしまうと、ブランクLvは上げ止まることなく上がり続けますので注意しましょう。


ブランクLv: 30

(3年の間に、10日間連続でプログラムを書くことがなかった状態)


その頃

Android OS "KitKat"が登場して、標準のブラウザに大きな変更があったことをよく覚えています。

AWSからはAmazon Redshiftが登場、流行語であるビッグデータを牽引する形になっていたように思います。

PHPフレームワークのfuelPHPの開発が盛んでもあり弊社でも多数採用していました。


あなたの装備・スキル

近代言語の書 (知識 +30 / 成長 +15 / 信頼 -10 / 3年前まで触っていたプログラミング言語知識)

翻訳マスク (コミュニケーション +20 / 開発現場での経験から非エンジニアと効率的なコミュニケーションが可能)

決断のサイコロ (向かべき方向を決めてくれるサイコロ / 1度しか使用できない)


克服方法

開発現場から離れてもそれなりに順風満帆に行っているかもしれません。

エンジニアをやっていた経験は、多少なり今のあなたを支えているはずです。

しかしこのままではあなたの経験は風化し価値のないものとなっていきます。

「決断のサイコロ」を振って、勇者パーティへの参加を目指すのか、別のパーティを探すのか、神殿で転職をするのか、ハッキリさせる頃合いでしょう。

目の前のミッションにだけ目を向けていると、あなたのブランクLvは順調に上がっていきますので、このタイミングで確固たる意思を持つことが重要です。


ブランクLv: 50

(5年の間に、10日間連続でプログラムを書くことがなかった状態)


その頃

今から5年前といえば、CakePHPの2系がスタートした頃です。

スマートフォンが一気に普及、各社スマートフォンアプリをこぞって開発を始めていました。

RubyやJavaScriptも今よりもマイナーではありましたが、この頃から勢いをつけて人気になっていったように思います。


あなたの装備・スキル

マウス (攻撃力 +10 / 素早さ -10 / Excelとパワポのおかげで手放せない必須アイテム)

昔取った杵柄 (プライド +100 / 信頼 -50 / 一定確率で味方を混乱させる / 呪われており自力で取り外すのはほぼ不可能)

近代言語の書 (知識 +20 / 成長 +10 / 信頼 -20 / 5年前まで触っていたプログラミング言語知識)


克服方法

勇者パーティに参戦する場合は、「昔取った杵柄」の呪いを解呪しなければなりません。

解呪には僧侶である”あなたの上司”や”最初の先輩”を頼られるのが良いかと思います。

これによってあなたにはパッシブスキル「謙虚」が身につきます。

この装備を外しても終わりではありません。

次に立ちはだかるのは、「近代言語の書」という生半可な知識です。

「現代言語の書」を入手して、ひたすらに差分をマージする過酷な作業が待っています。

これによってあなたにはパッシブスキル「勤勉」が身につきます。

この2つのスキルを手に入れたあなたが恐れるものはありません。

開発という工程は手法はどうあれ、基本は身に付いているのです。

年齢が成長率を妨げるため、ステータスアップには時間がかかりますが、必ずや勇者パーティに参戦できる人員になれるでしょう。

「謙虚」と「勤勉」を取得できなかった場合は、神殿に行き、”転職”をオススメします。


ブランクLv: 99

(プログラムを書いたのはもういつのことだったか覚えていない状態)


あなたの装備・スキル

いにしえの石版 (知識 +1 / 一定確率で味方を混乱させる)

不安定な椅子 (集中 -20 / 一定時間集中して作業にあたることを難しくさせる椅子)

遊戯板 (器用さ +50 / 集中 -50 / 指先操作がひたすらに向上、作業には全く集中できなくなる)


克服方法

この状態での戦線復帰は極めて難しいといえます。新たなメンバーを酒場で採用・育成してもらった方が早い可能性が高いです。

参戦は諦めてお断りを入れましょう。

あなたの価値はココではないどこかで発揮するべきです。

本事例は、勝手な想像と妄想の産物です。ご気分を害された方ごめんなさい。

ブランクへのアプローチは様々あると思いますので、若手の面々に「老害」などと呼ばれないよう引き続きガンバリマス。