Help us understand the problem. What is going on with this article?

Hyper-V上のUbuntuでVSCodeの「行を上/下へコピー」が動作しない話

More than 1 year has passed since last update.

Hyper-V上UbuntuでのVSCodeで問題発生

前回の記事
Windows10 ProでHyper-Vを使ってみた
https://qiita.com/hideki0145/items/844f003b6f6647cab081

前回、Windows10 Pro 1809のHyper-V上にUbuntu 18.04をインストールしました。
このUbuntuにVSCodeをセットアップして開発作業をしていたところ、普段使用しているキーボードショートカットが動かないじゃないですか…。

1.png

Alt+Ctrl+Shift+Up/Downで動作するはずの「行を上/下へコピー」が動かないのです。
ショートカット入力すると、どうも仮想マシンからマウスリリースされているっぽいです。

2.png

Hyper-Vの設定を確認しましたが、マウスリリースキーはCtrl+Alt+Leftとなっています。
Up/Downは関係ないのになぁと調査を進めると、以下のIssueにたどり着きました。

CTRL+ALT+UP arrow also releases the mouse and keyboard
https://github.com/MicrosoftDocs/windowsserverdocs/issues/1328

Hyper-VのバグでCtrl+Alt+Up/Downがマウスリリースに割り当てられているっぽいですねー。
しばらくはキーボードショートカットをカスタマイズして回避するしかなさそうです。

尚、「Windows10 Pro 1809 OSビルド17763.379」「Hyper-Vマネージャー 10.0.17763.1」で現象を確認しています。

hideki0145
現在は基幹業務系システムの設計・開発・運用サポートを主に行っています。 (開発経験:Magic xpa Application Platform / Magic uniPaaS V1Plus / Ruby on Rails / Visual C++ MFC)
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした