VirtualBoxのVMでLinuxの開発環境を作る

  • 0
    Like
  • 2
    Comment

    これはなに

    社給のWindows PCでの開発がつらくなってきたので、VirtualBoxのVMでUbuntu16.04を動かして、開発環境として使ってみることにしました。
    せっかくなので、設定周りをVagrantを使ってファイルで管理でできるようにして、随時更新して行くことにします。

    まずは、gnome3のデスクトップ環境をインストールする設定を書いたもの(きっとポートフォワードの設定とか、今後足していくと思います)。

    Vagrantfile
    # -*- mode: ruby -*-
    # vi: set ft=ruby :
    
    Vagrant.configure("2") do |config|
    
        # base box
        config.vm.box = "bento/ubuntu-16.04"
    
        # shared folder
        config.vm.synced_folder "./data", "/vagrant_data"
    
        # VirtualBox VM options
        config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
            vb.name = "ubuntu"
            vb.cpus = "2"
            vb.memory = "8192"
            # GUI settings
            #vb.gui = true
            vb.customize [
                "modifyvm", :id,
                "--vram", "256",
                "--accelerate3d", "on",
                "--hwvirtex", "on",
                "--nestedpaging", "on",
                "--largepages", "on",
                "--ioapic", "on",
                "--pae", "on",
                "--paravirtprovider", "kvm",
            ]
        end
    
        # desktop environment provisioner (gnome3)
        config.vm.provision "shell", inline: <<-SHELL
            sudo apt-get -y update
            sudo add-apt-repository -y ppa:gnome3-team/gnome3-staging
            sudo add-apt-repository -y ppa:gnome3-team/gnome3
            sudo apt-get -y install ubuntu-gnome-desktop
            sudo dpkg-reconfigure gdm3
        SHELL
    
    end
    

    使い方

    1. VirtualBox、Vagrantをインストールしておく
    2. 適当なフォルダに上記Vagrantfileを配置
    3. 上記フォルダをカレントにして、vagrant up。処理が終わるまでしばらく待つ
    4. 再起動。vagrant reload

    参考リンク: