Help us understand the problem. What is going on with this article?

社内にSlackっぽい何かを導入したい場合の候補を試してみる

More than 3 years have passed since last update.

概要

社内にSlackっぽいチャットを設置したいと思った場合に、世の中にはどんなものがあるのか探して、試してみました。
結論から言うと候補は以下の3つです。

試した環境

LAN内に置かれたLinuxマシン上で動かしてみました。

  • CentOS 7
  • npm v0.12.7
  • Docker 1.6.2

この環境で試していきますが、エラーログや細かい操作手順等は載せずに小並感たっぷりの感想文でお届けします。

RocketChat

Dockerイメージがあるので利用してみる。しかし、GitHubのREADME通りに手順を踏んでもコンテナが上手く起動しなかった。
ならば、ソースから起動と思いGitHubのページに書かれている手順で起動する。これは成功。しかし、このままではコンソールからログアウトすると停止してしまうので、デーモン化する方法を探す。
どうやらmeteorというのはビルドするとnodeアプリケーションとしてパッケージ化されるらしい。build.shを参考に以下のコマンドを叩く。

source build.sh production

しかし、ビルドは上手く通らず。一旦置いておく事に。

追記

既に詳細な記事を書いていらっしゃる方がいました。
http://qiita.com/yasuhiroki/items/0e06ccda1c53f616d74d
上記の手順に従えばDocker上で稼働できました。

Let's Chat

GitHub通りに手順を踏めばnpm startで問題なく起動した。Dockerのイメージもあるが、特に試していない。あとはforeverあたりでデーモン化すれば放置プレイでいい。

Mattermost

GitHub通りに手順に従えば問題なく起動はする。しかし、Signupしようとすると、謎のURLにリダイレクト(?)され一向にサインアップできない。issueにも上がっているので、まあ何か問題があるのだろう。気長に待つか、どうしても使いたければ自分で修正という感じ。

追記

修正されたようです。latestのイメージを使えば問題なく動作します。

docker run --name mattermost-dev -d --publish 8065:80 mattermost/platform:latest

まとめ

インターフェイスが日本語になるRocketChatが一番よさげだが、色々と環境構築が面倒。Dockerイメージが素直に動いてくれればRocketChatを選択。Mattermostはログインできていないので評価出来ず。暫くはLet's Chatを設置してみる事にする。
あれから3つを一人でいじくり回してみました。正直Mattermostが一番いい感じです。細かな使用感は別途まとめます。

heyhachi
都内で働く人。 業種的には組み込み系寄りだが、ハードを叩くコードを書いたりすることはそんなにない。 基本的に業務はC言語で行うが、広く浅く色々とちょっかいを出す浮気症。 酒と写真が好き。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした