Help us understand the problem. What is going on with this article?

AfterEffectsスクリプトの走り書き

More than 3 years have passed since last update.

走り書きって?


仕事で手の空いている時、デザイナーからAfterEffects(以後AE)スクリプト作成のお願いが来る。その度に同じこと調べている気がするのでメモを残します。メモ書きなので動作保証は無いです。随時更新予定。
以下の参考サイトにお世話になりました。細かい仕様等は参考サイトの方で確認して下さい。

参考サイト

JavaScriptコンソールに出力したい

$(ダラー) Objectを使う

$.writeln("hell! oh! world!");

ダイアログをポップアップしたい

JavaScriptと同じ。

alert("I am a pen.");

オブジェクトをJSONに変換したい

JavaScriptと同じ。しかし、CS6の時点ではJSONオブジェクトは使えないのでtoSourceでやる。もしくは自前で実装。

var jsonString = obj.toSource();

自前のクラスにフレーム毎のレイヤープロパティ詰め込んでJSONにしてファイルに保存すると色々と夢が広がる。

今開いているプロジェクトにアクセスしたい

全てはApplication Objectから始まる。エクスプレッションではappで定義にされているので、以下の様な感じ。

var prj = app.project;

AEで選択されているオブジェクトにアクセスしたい

Project Objectのアトリビュートで取得可能。

var activeItem = app.project.activeItem;

プロジェクトウィンドウ内限定ならselectionで取得

var activeItem = app.project.selection;

レイヤーにアクセスしたい

例えば選択されているコンポジションのレイヤーにアクセスする場合。

var compItem = app.project.activeItem;
//アクセスする前に選択されているのがコンポジションか確認
if (compItem instanceof CompItem) {
    var layers = compItem.layers;
}

フレームから時間、時間からフレームに変換したい

基本的に時間で管理されているが、フレームで処理したい時も多々ある。こんな感じ。

var compItem = app.project.activeItem;
if (compItem instanceof CompItem) {
    //時間からフレームへ変換
    var frmFromTime = timeToCurrentFormat(4.0, compItem.frameRate, ture);
    //フレームから時間へ変換
    var timeFromFrame = currentFormatToTime(15, compItem.frameRate, ture);
}

レイヤーマーカーにアクセスして、マーカー出現時間を知りたい

結構面倒。コンポ内の全レイヤーのマーカープロパティをデュレーション分トレースしてみたが、もっと上手いやり方がありそう。

//とりあえずアクティブなアイテムを取得
var compItem = app.project.activeItem;
//型チェック
if (compItem instanceof CompItem) {
    //レイヤーオブジェクトのコレクションを取得
    var layers = compItem.layers;
    //コレクションサイズ分処理
    for (var i = 1; i <= layers.length; i++) {
        //トレース開始フレームを算出(必要ならinPointを加算する)
        var frmStart = timeToCurrentFormat(layers[i].startTime, 
                                           compItem.frameRate, true);
        //トレース範囲をデュレーションから求める
        var frmDuration = timeToCurrentFormat(layers[i].outPoint, 
                                              compItem.frameRate, true);
        //フレーム毎に解析
        for (var t = 1; t <= frmDuration; t++) {
            //フレーム数を秒に変換
            var time = currentFormatToTime(t, compItem.frameRate, true);
            //マーカープロパティを処理(ネストしたコンポの先は見ない事にする)
            var markerProp = layers[i].marker;
            //キーフレームがあるか確認(マーカー打つとキーフレームとして追加されるっぽい)
            if (markerProp.isTimeVarying) {
                //現在のフレームから最寄りのキーインデックスを取得
                var nearestKeyIndex = markerProp.nearestKeyIndex(time);
                //最寄りのキーの発生時間が現在のフレームと一致している時だけ処理する
                if (markerProp.keyTime(nearestKeyIndex) == time) {
                    //Marker Value Objectを取得
                    var closestMarkerFromTime = markerProp.valueAtTime(time, true);
                    if (closestMarkerFromTime.comment) {
                        //確認のためにフレーム数とコメントを出力してみる
                        $.writeln(layers[i].name + ":" + 
                                  t + ":" + closestMarkerFromTime.comment);
                    }
                }
            }
        }
    }
}

これでタイムラインで打ったレイヤーマーカーの位置(時間)がとりあえず求まる。

ファイルを書き出したい

文字コードを指定しないと、システムのデフォルト文字コードで書き出される模様。

var file = new File("ファイルパス");
file.encoding = "UTF-8";
file.open("w")
file.write("書き出す文字列");
file.close();
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした