vagrantのcentos/7にguest additionsをインストール

More than 1 year has passed since last update.


Overview

CentOS7の公式が出しているVagrant ImageにはGuest Additionsが入っていません。

このままではホストOSとゲストOS間で共有ディレクトリが同期されません。

これでは開発時に使い物にならないのでGuest Additionsをインストールしてあげます。


Action


仮想マシンを初期化し必要なパッケージをインストール

vagrant init centos/7

vagrant up
vagrant ssh
sudo yum -y update
sudo yum -y install gcc kernel-devel bzip2
sudo reboot


VirtualBoxのGUIで共有フォルダーを作成


  • 設定->共有フォルダー->新規共有フォルダーを追加

    共有フォルダーのパスにはホストマシン側のディレクトリを指定

    永続化するにチェックをする


仮想マシンの光学ドライブにVBoxGuestAdditions.isoをマウント


  1. VirtualBoxのGUIから対象の仮想マシンを選択

  2. 設定->ストレージ->ストレージツリーの光学ドライブにVBoxGuestAdditionsをセット

  3. 仮想マシン内で以下のコマンドを実行

vagrant ssh

sudo su
mkdir /media/cdrom
mount /dev/cdrom /media/cdrom
cd /media/cdrom
sh ./VBoxLinuxAdditions.run

これでGuest Additionsがインストールされます


Vagrantfileを編集

vi Vagrantfile

config.vm.synced_folder ".", "/vagrant", type:"virtualbox"
vagrant up --provider virtualbox

以上を実行し、仮想マシンを再起動すればGuest Additionsがインストールされているはずです。