Posted at

定時に自動で自撮りをGyazoにアップロードする方法

More than 3 years have passed since last update.

定時になったら自動で自撮り画像をGyazoにアップロードする方法です

ちなみに、OSX専用です


everyday_selfieを使う

ということで自撮りしてGyazoにアップロードするシェルスクリプトを書いたのでこれを使います

https://github.com/henteko/everyday_selfie


使い方

自撮りにはimagesnapを使うのでそのインストールと、everyday_selfieのgit cloneします

$ git clone git@github.com:henteko/everyday_selfie.git

$ cd everyday_selfie/
$ brew install imagesnap

次に、everyday_selfie/upload_selfie内に書いてあるYOUR_ACCESS_TOKENを自分のものに置き変えます

このアクセストークンは、GyazoのAPIページで自分のアプリを作ると取得できます

$ vim upload_selfie # Edit the YOUR_ACCESS_TOKEN(Gyazo)

最後に定期的に実行する用の設定です

定期実行にはOSXのlaunchdを使います

その為の設定がeveryday_selfie/everyday_selfie.plistに書いてあるので、これを編集します

編集箇所は、/path/to/everyday_selfieとなっているところを自分のlocalのeveryday_selfieまでのpathにしてください

あとは適当にStartCalendarIntervalの時間などを弄ってみてください

編集し終わったら~/Library/LaunchAgents/以下にplistを配置してlaunchctlでloadしてあげれば設定終了です

$ vim everyday_selfie.plist # Edit the /path/to/everyday_selfie

$ cp everyday_selfie.plist ~/Library/LaunchAgents/everyday_selfie.plist
$ launchctl load ~/Library/LaunchAgents/everyday_selfie.plist


あとは定時を待つだけ

定時をワクワクしながら待ちましょう

良い自撮りが撮れるといいですね


さいごに

2014年の5月から2015年の2月末まで平日の仕事がある日のみ、始業の午前10時と終業の午後19時に自動で自撮りをしてgithubにpushするという活動をしていましたが、これが意外と面白かったです

自撮りを定期的に撮って残していくと、ライフログ的な役割を持って、その日の体調がわかったり、太ってるなーとか思えたり、他人と共有すると面白かったりするのでオススメです

素晴らしい自撮りライフを送りましょう