Help us understand the problem. What is going on with this article?

少しだけ人生が変わったという話

IMG_1848.jpg

1年ぶりのクリスマスを大いに楽しんでいるサンタクロース

この記事は、 CoderDojo Advent Calender 2017 の2日目の記事です。

1日目のmanzyunさんに、ほっこり話とありますので、ほっこり書かせていただきます。

お題は「あなたがDojoに来る理由はなんですか?」ですが、最初は我が子のためでした。

自分の子が小学生になったときに、選択肢の一つとして、CoderDojoがあればいいな。(もちろん強制するつもりはありません)と考えました。
そのためには、活動の火を絶やさないために、まずは自分も地元でメンターとして活動しようと考えたわけです。

*

それが、途中から、「面白い大人に会うため」という理由に変わりました。
もちろん、忍者が作った作品を見るのが楽しいというのもありますが、一番の理由がこれ。
Dojoのチャンピオンやメンターをしている人って、魅力的な人が多いんです。
Facebookのタイムラインを読んでいるだけでも楽しい。

私はずっと内勤だったので、それまで大人の知り合いというのが、自分の友人とか、同じ会社の人たちぐらいだったんですね。

フィラメントというスタートアップの会社に転職したのも、CoderDojo梅田に見学に行った時にFacebookで繋がった方が、あるイベントの募集をシェアしていて、「こんな面白い会社があるんだ」と知ったのがきっかけです。

あと、私が所属するDojoのチャンピオンが、昨年会社を退職して、フリースクールを立ち上げたんです。
そのこと自体も驚いたのですが、その時に、わざわざそれを報告してくれたんですね。
それが嬉しかったし、私もなんか自分のやりたいことを探したいなーと思ったんです。

*

スクリーンショット 2017-12-02 13.00.36.png

そんな面白い大人たちが集まって、12/3に関西で初めてでかドージョーをすることになりました。
メンター、見学どちらも歓迎です。ぜひ遊びにきてください。

*

2年近くCoderDojoに関わって思うのは、できればFacebookはやった方がいいんじゃないかということです。
もちろん、Facebookをやっていなくても、別の連絡手段を用意してくれるDojoもあるし、全くFacebookを使っていないDojoもあるかと思います。

私自身、FacebookはCoderDojoに関わるまで放置していましたし、最初は、みんなプロフィールに顔を出していることにびっくりしました(^_^;)

でもFacebookや他のSNSを通じて、チャンピオンやメンターが普段どんなことに興味があって、どんなことを考えているかを知ることで、CoderDojoのことを、もっと好きになるんじゃないかなあと思います。
あと、「この人はこんなことを考えているんだな」と知ってもらうと、その後のコミュニケーションもスムーズになると思います。

明日は安川さんの投稿ということで、楽しみです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした