LoginSignup
3

NetworkManagerを使ってRaspberry PiをWi-Fi接続する

Last updated at Posted at 2023-03-15

はじめに

 メカトラックス株式会社@hayat00です。

 弊社では業務用Raspberry Pi周辺機器の開発・製造・販売、および、それら周辺機器を使用したRaspberry Pi組込機器の受託開発・小ロット製造等を行っており、オリジナルのラズパイ向け機能拡張モジュールとして、4GPislee-Pi3ADPiなどを展開しています。

 今回は、シリアル通信等でPCからログインしたRaspberry PiをCUI(CLI)から操作し、NetworkManagerを使ってWi-Fi接続する手順をご紹介します。
 最新のRaspberry Pi OSにはデフォルトでネットワークの設定ツールとしてdhcpcdとNetworkManagerがインストールされており、デフォルトでdhcpcdが使われていますが、ここではCUI上でdhcpcdからNetworkManagerに切り替え、Wi-Fiに接続する方法をご紹介します。
 なお、弊社製品の4GPiOSイメージではデフォルトでNetworkManagerが有効化されているため、Wi-Fiを使う場合は今回紹介する方法での接続を行ってください。

使用したRaspberry Pi OSの情報

Raspberry Pi OS Lite

  • Release date: February 21st 2023
  • System: 32-bit
  • Kernel version: 5.15
  • Debian version: 11 (bullseye)

NetworkManagerのインストールと有効化

弊社で公開している4GPiOSイメージを使用する場合は、デフォルトでNetworkManagerの有効化がされているので、この章の操作は不要です。

Interactiveモードでの操作

 Raspberry Piにログインし、下記のコマンドを実行します。

$ sudo raspi-config

ターミナルソフト上に下記のような表示がされます。
「6 Advanced Options」にカーソルを移動させ、エンターキーを押します。
WS000102.JPG

次に「AA Network Config」にカーソルを移動させ、エンターキーを押します。
WS000103.JPG

続いて「2 NetworkManager」にカーソルを移動させ、エンターキーを押します。
WS000104.JPG

にカーソルを移動させエンターキーを押し、再起動を尋ねられるのでにカーソルを移動させエンターキーを押し、再起動します。

これでNetworkManagerの有効化は完了です。

Non-Interactiveモードでの操作

 上記の操作を下記のコマンドひとつでNon-Interactiveモードで完了することも可能です。

$ sudo raspi-config nonint do_netconf 2

Wi-Fiへの接続

 下記のコマンドでRaspberry Piから見えているWi-Fiを確認します。

$ nmcli dev wifi

接続をしたいSSIDがあることを確認します。
WS000084.JPG

下記コマンドでWi-Fiに接続します。SSIDとPASSWORDにはそれぞれ、接続するWi-FiのSSIDとパスワードを入れます。

$ sudo nmcli dev wifi con SSID password PASSWORD

最後に下記コマンドで接続を確認します。

$ nmcli con

接続が完了するとWi-Fiの項目が追加されます。
WS000085.JPG

終わりに

 今回はNetworkManagerを使ってWi-Fiに接続をする手順をご紹介しました。ぜひ参考にしてください。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
3