search
LoginSignup
1

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Power Appsで料理記録アプリ🍳

仕事でPower Appsに触れる機会が増え、基本的なスキルを学んだので
プライベートでも何か実用的なアプリをひとつ作ってみようと思い、
自分の料理記録アプリを作ってみました。

作った理由

・料理を作ったときの気付きを記録に残し次に活かしたい。
 (良かった気付きも、悪かった気付きもすぐ忘れる…)
・作ったレシピ(C●●kPadとか)を履歴化して活用したい。
 (「あれ良かったなー」とか思っていても、次回探せなかったりする)
・(1つのレシピサイトでなく)いろいろなサイト横断でレシピのURLを残したい。
・料理の記録を見ることで、同じような料理に偏らないようにしたい。

環境&アプリ構成など

「Microsoft365契約プラン」
Microsoft 365 Business Basic付属のPowerApps for Office 365
※法人プランですが個人で契約してます。

「データ保管先」
SharePointオンラインのリスト
(料理作るのは週末だけなので、データ件数としては十分)

データ項目はこんな感じ↓

作成日 料理名 評価(自分の) レシピのURL 画像 メモ

先にSharePointリストで項目を作ってから、Power Appsを発行します。
入力フォームは、下のような感じです。(とてもスタンダードな作り方ですね)
アプリ入力2.png

一点、画像データ(料理写真)の入力機能は、一癖(以上?)あり
「画像の追加コントロール」取り込んだ画像BinaryデータをJSON関数を使ってbase64DataURI文字列に変換する、というプロセスで取り込んでいます。
(職場のエンジニアの方にご教示いただきつつ、何とか作りました笑)
※参考とさせていただいたQiita記事↓
Power Appsにおける画像の扱いについて

成果物

最終的にできたのはこんな感じです
トップ画面2.png

記録2.png
「評価」をswitch関数で「⭐」にしたのがちょっとした工夫。

レシピ一例2.png

まとめ・気づき

・アプリは、目的に照らし、記録・管理したいデータ項目から設計することが大事。
・既存アプリでなく、自前で作るとデータの管理が自由にできてよい。(エクスポートも簡単)
・記録としての画像は大事。(テキストデータだけだと味気ない…)
・思っていたよりも料理を作っていない。(家では週末に自分が作るルール)
・揚げ物のレシピが多い。

次やりたいこと

・Power Apps上でデータのグラフ化
 (料理回数や評価を簡易BIのようなもので見える化)
・Power Automateと組み合わせた何か

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
1