Edited at

RaspberryPi環境構築手順2018

More than 1 year has passed since last update.


やること

以前の記事が古いのでアップデート

マウス・キーボード・ディスプレイレスでRaspberry piにraspbianをインストールして、Macからvncで接続。

ネットワークとハードディスク(SDカード)のベンチマーク取得。

おまけでOSMCのヘッドレスインストール追加。

※RaspberryPiの環境構築ではないので、ブログのほうに移動


用意


  • RaspberryPi本体

  • Mac

  • microSD(16GB程度)とmicroUSBケーブル(2.4A対応のもの)

  • LANケーブルと、Macをつなぐアダプタ(有ればでOK)


手順概要


  • imgをダウンロード

  • microSDにOSイメージを焼く

  • 起動時にssh可能にするためsshファイルをtop階層に置く

  • LANケーブルが無くて起動時にwifiで接続したい場合はwpa_supplicant.confファイルをtop階層に置く

  • sshする

  • 各種設定を行う

  • 各種ベンチマークを測定してみる

  • OSMCのヘッドレスインストール(おまけ)


手順詳細


ソフトダウンロード〜sshまで

以下GUI版で説明。以前はtarでないと解凍できなかったが現在はunzipでないと解凍できなかった

ダウンロードする

- raspbian-stretch GUI版

- raspbian-stretch lite(CUI版)

wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/raspberrypi/raspbian/images/raspbian-2018-06-29/2018-06-27-raspbian-stretch.zip

解凍する

unzip zxvf 2018-06-27-raspbian-stretch.zip

microSDの位置を確認しunmount後Imageを焼く(以下は/dev/disk2の場合)

diskutil list

diskutil unmountDisk /dev/disk2
sudo dd if=~/Downloads/2018-06-27-raspbian-stretch.img bs=1m of=/dev/rdisk2

sshファイルをtop階層に置く

touch ssh

mv ssh /Volumes/NO\ NAME/

起動時にwifiで接続したい場合はwpa_supplicant.confファイルをtop階層に置く(DHCP限定)

mv wpa_supplicant.conf /Volumes/NO\ NAME/


wpa_supplicant.conf

country=JP

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={
ssid="SSID名"
psk="パスワード"
}

microSDをMacから外し、Raspi本体につけて起動後sshしてみる(初期パスワード:raspberry)

ssh pi@raspberrypi.local


各種設定を行う

ipを確認してみる(ベンダIDはB8:27で始まる)

arp -a

Githubに上げたansibleで以下を設定する


  • パッケージアップデート及び必要ソフトインストール

  • raspi-configで設定が必要な項目を設定

GUIで作業する場合はvncを起動し、mac側でvnc://raspberrypi.local:5901に接続する

tightvncserver 

wicd-cursesで無線と有線を管理する(こちらが完了したら/etc/wpa_supplicant.conf内のnetwork以下を設定している場合は削除する)

sudo wicd-curses

[Shift + p]で有線設定(有線優先、有線をデフォルト、接続が切れたら自動的に再接続)後、[Shift + s]で保存

接続する無線のSSIDにカーソルを合わせて[→]で無線設定(WPA 1/2 (Hex [0-9/A-F]) vvvを選択しWPA 1/2 (Passphrase)に変更したらパスワード入力)後、[Shift + s]で保存したら[Shift + Q]で終了


各種ベンチマーク測定


  • ネットワーク


    ベンチマークはiperf3が有名ぽいけど毎時1回かつ1週間とか可動させて、結果をGoogleDocsに記録したかったので自作した。

    RaspiSpeedTestでいくつかソフトを入れてGCPに登録できてるとSpredSheetにも記録可能


  • ハードディスク

    ベンチマークはUnixBenchが有名らしく、IO系の値(File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks

    )を取得してみたものの、近年では2MB程度のサイズだとメモリやCPUにキャッシュされるのでディスク処理性能を測るには不適切で、ほぼCPUの処理性能に依存するらしいため、ddとhdparmでの計測をしてみた。


ディスク読み込みテストのためhdparmインストール

sudo apt-get install hdparm

計測対象を調べる

sudo fdisk -l

計測(Read)

sudo hdparm -t /dev/mmcblk0

Raspberry pi 3(MicroSD:)

 Timing buffered disk reads:  36 MB in  3.13 seconds =  11.48 MB/sec

Raspberry pi 3B+ (MicroSD:sundisk)

 Timing buffered disk reads:  74 MB in  3.08 seconds =  24.02 MB/sec

Raspberry pi 3B+ (MicroSD:toshiba)

 Timing buffered disk reads:  72 MB in  3.00 seconds =  24.00 MB/sec

計測(Write)

 time dd if=/dev/zero of=/tmp/hdparm_write.tmp ibs=1M obs=1M count=1024

Raspberry pi 3(MicroSD:)

1073741824 bytes (1.1 GB, 1.0 GiB) copied, 88.6369 s, 12.1 MB/s

Raspberry pi 3B+(MicroSD:sundisk)

1073741824 bytes (1.1 GB, 1.0 GiB) copied, 45.1418 s, 23.8 MB/s

Raspberry pi 3B+(MicroSD:toshiba)

1073741824 bytes (1.1 GB, 1.0 GiB) copied, 82.1547 s, 13.1 MB/s

一応UnixBenchもやってみた

git clone https://github.com/kdlucas/byte-unixbench

cd byte-unixbench/UnixBench
./Run

Raspberry pi 3(MicroSD:)の結果はこちら

Raspberry pi 3+(MicroSD:)の結果はこちら

Raspberry pi 3+(MicroSD:)の結果はこちら