More than 1 year has passed since last update.

LinuxでソフトウェアRAID 0を構築したい。

最近SSDの値段も下がって、複数台でRAID 0を使ってIO高速化とか、Intel SSD 910シリーズのようにそもそも4つのデバイスに見えるとか、ソフトウェアRAIDを使いたいことがよくある。また、RAID0、RAID1は、ほとんどのハードウェアRAIDよりソフトウェアRAIDの方がはやい。
Linux上でこれを可能にするのがmdドライバで、mdadmというツールを使って操作することができる。

mdadmをインストールする

Debianではaptでインストールできる。

$ sudo aptitude install mdadm

RAID0構成を作る

mdadmでRAIDを組む前にfdiskpartedでパーティションを作っておく。
/dev/sdb、/dev/sdc、/dev/sddでRAID0を組むときは次のような感じ。

$ sudo mdadm -C /dev/md0 -l0 -n3 -f /dev/sd[bcd]1

オプションは次のような感じ

-C 新しいデバイスを作成する
-l RAIDレベル。RAID0のときは-l0、RAID1のときは-l1
-n デバイスの数
-f force option

確認するときはmdadm -Dを使う。

$ sudo mdadm -D /dev/md0
/dev/md0:
        Version : 1.2
  Creation Time : Thu Oct  17 00:00:00 2013
     Raid Level : raid0
     Array Size : 750151680 (715.40 GiB 768.16 GB)
   Raid Devices : 3
  Total Devices : 3
    Persistence : Superblock is persistent

    Update Time : Thu Oct  17 00:00:00 2013
          State : clean
 Active Devices : 3
Working Devices : 3
 Failed Devices : 0
  Spare Devices : 0

     Chunk Size : 512K

           Name : hostname:0  (local to host hostname)
           UUID : XXXXXXXX:XXXXXXXX:XXXXXXXX:XXXXXXXX
         Events : 0

    Number   Major   Minor   RaidDevice State
       0       8       17        0      active sync   /dev/sdb1
       1       8       33        1      active sync   /dev/sdc1
       2       8       49        2      active sync   /dev/sdd1

できた。

あとは適当にファイルシステム作れば使うことができる。

$ sudo mkfs.ext4 -j /dev/md0

RAID0解除

アンマウントしてmdadmでstopすればよい。

sudo umount /mnt/ssd
sudo mdadm --misc --stop /dev/md0
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.