Help us understand the problem. What is going on with this article?

VR体験プロジェクトのスケジュール [2]

More than 1 year has passed since last update.

僕の経験から、いつもプロジェクトのスケジュールを作る前に
プロジェクトの内容を絶対最初に決めた方がいいです。
なぜかと言うと、プロジェクトの内容から色々次の一歩を判断することができるです。
以下はVR体験プロジェクトの内容を紹介します。

VR体験プロジェクト

コンピューターによって作られた仮想的な360度世界を、奥多摩の人も現実世界のように体感できる技術。 VR体験の目的は奥多摩に住んでいる人に実際に現地に行かなくても旅行をしたような疑似体験を提供することです。

上に書いてあるVR体験プロジェクト内容について
「仮想」、「360度世界」、「奥多摩に住んでいる人」と「旅行」
という言葉を出てくる。そこから何を準備すべきか知っている。例:
「仮想」を構築するためのA-FrameというWebフレームワークを使います。
「旅行」をテーマにした五つ[360度]写真を準備します。
1.インドネシアのボロブドゥール
2.フィリピンのナンパックビーチ
3.奥多摩小河内ダム
4.奥多摩小河内神社
5.奥多摩日本語学校

そしたらVR技術を開発する人と360度写真を準備する人の役割分担を分けます。
スケジュールを管理するための今回僕たちはtrelloというアプリを使います。
trelloで全部の作業をリストして、作業の優先度と締め切りを決めて、作業の状況も設定して、作業をやっていて、最後は振り返りします。

へー?ちょっと。。なぜ振り返りもはいりますか?
知りたいだったら次の記事を読んでね!

harfendybit
ハールフェンディと申します。 インドネシア人で、現在ITエンジニアとして本語学校で勉強しながらITのアルバイトをしています。 僕は成長し続け、複数の分野についての知識があることが重要だと思います。 毎日自分の能力を最大限に発揮できるように、 仕事で自分の知識の幅を広げるための新しいスキルを習得する機会を常に模索しています。
bit-okutama
外国人ITエンジニア育成を目的とした日本語学校です
http://bit-okutama.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away