Help us understand the problem. What is going on with this article?

【 Dimension CC】カメラの状態を他の3Dソフトで使う

More than 1 year has passed since last update.

この記事は Adobe Dimension CC Advent Calendar 2017 20日目の記事です。
もう1ヶ月すぎてるけど気にしない!

Adobe Dimension CCはデザイナー向けのお気楽3Dレイアウトソフトなので、PSDへの出力機能はありますが、fbxなど一般的な3Dフォーマットへのエクスポート機能はありません。(今後FBXインポートは追加される様です。出力はソフトのコンセプトを考えるとどうでしょう?)

ですが、 Dimesionで編集中の画面にあわせたモデルを3Dソフト側で用意したい状況が個人的にあったので、MAYA上でにたような画面を再現できるか試してみました。

 2018-01-21 17.15.45.png
まず、カメラのアングルを持って行くことを考えます。単位が不明ですが、カメラのパラメータはここにありますので、

 2018-01-21 17.17.29.png
MAYAのシーンに新規カメラを作って値を同じように設定していきます。Dimensionの視野の値を、MAYAのカメラシェイプのビューアングルに設定します。

 2018-01-21 17.17.38.png
同様に、位置および回転の値をカメラトランスフォームの移動回転に設定します。なお、MAYAの長さの単位はcmになっています。入力項目が青いグレーになっているは値をロックしたからなので、気にしないで下さい。

 2018-01-21 17.21.32.png
ここでいったんこのカメラからのビューを確認します。あっているような気がしますね。
(ドキュメントの設定はDimensionの画像サイズに合わせてあります。)

 2018-01-21 17.20.22.png
わかりやすくするために、Dimensionから書き出した画像をカメラに追従する背景として設定してみます。カメラシェイプの属性のこの辺りから画像選択ができます。

 2018-01-21 17.21.47.png
わかりやすくなりました。カメラの位置、パースなど合っている様です。

 2018-01-21 17.33.05.png
テストとして、他のオブジェクトを読み込んでみます。左下のグリーンでハイライトされいるのがカメラで、そこから背景画像の方向を写すので、別のアングルから俯瞰するとこの様になります。面白いですね。

 2018-01-21 17.38.29.png
読み込んだモデルの位置をあわせてみました。うまくいっている様です。

MAYA側でレンダリングする気が無いので、環境ライトまで持ってきていませんが、持ってこれるといいですね。
中間ファイルとしてどこかに書き出されて無いものだろうか。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away