Help us understand the problem. What is going on with this article?

【SwiftでCoreDataを使う】NSDataObjectSubclassを作っても、Entityが「Class not found」になるときの解決策

More than 5 years have passed since last update.

エラー概要

SwiftでCoreDataにアクセスする処理を書いて実行すると、下記のようなエラーになった。

CoreData: warning: Unable to load class named 'SampleEntity' for entity 'SampleEntity'. Class not found, using default NSManagedObject instead.

エクスプローラ
SampleEntity.swiftファイルがプロジェクト上にあり、SampleEntityクラスも作成済みである。

解決策

http://stackoverflow.com/questions/25076276/unabled-to-find-specific-subclass-of-nsmanagedobject
質問サイトの中で下記ドキュメントが示されている。
https://developer.apple.com/library/mac/documentation/Swift/Conceptual/BuildingCocoaApps/WritingSwiftClassesWithObjective-CBehavior.html
ドキュメントで「Entity」でページ内検索すると、ヒットした箇所に、Xcode上でエンティティのClassについて、「Name:Person、Class: MyCoreDataApp.Person」に設定するという説明がある。

これを参考にして、自分のXcode上でやってみる。

ad53c98a78af656ecbe19886b872884d.png
(1)左ペインで「.xdatamodeld」ファイルを選択、(2)「ENTITIES」から該当のエンティティを選択、(3)右ペインで「Show model inspector」を選択、(4)「Entity」の「Class」名入力欄を表示させる。ここで
「SampleEntity」→「CoreDataaSample.SampleEntity」
に変更する。

修正後の動作状況

前提条件

元々のプログラムは、下記のサイトを参考にさせて頂きました。
http://hidef.jp/post-652/
更に元々は、新プロジェクト作成のサンプル「Master-Detail Application」である。

これって「.xdatamodeld」ファイルもGUIで作成したし、NSDataObjectSubclassクラスも自動生成だ。Xcodeの自動生成時のバグじゃないの。

ソース

アップしました。
https://github.com/hanoopy/CoreDataaSample

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away