Help us understand the problem. What is going on with this article?

Hyper-V Server 2019をコマンドプロンプトだけでインストールする

概要

デバイスドライバーがどうのこうので、正攻法ではインストールできなかった。
image.png
このデバイスのドライバ、HM65用の何かのinfを当ててもだめだったので正攻法はあきらめた。

Windowsをコマンドプロンプトでインストールできないか??と思い、ぐぐったらYoutube1で解説されていたので、それをもとにアレンジした。

まったく同じ方法でWindowsもインストールできるので、試してみてください

特徴

  • インストール先の要件チェックがなされない
  • ストレージにインストールし、デバイスに紐づかない(はず)
  • 比較的高速

ざっくりとした流れ

  1. isoをマウントします。
  2. diskをフォーマットしてください
  3. osイメージ展開してください
  4. boot領域再構築してください
  5. 完了

必要なもの

てきとうなWindowsマシン上で

ディスクフォーマット

こんな感じでフォーマットしてください。
2領域いります。(起動領域とos)

image.png

B: をboot F: をosとしました

イメージの展開

iso は Hyper-V Server 2019のisoです。各自でダウンロードしてください。
E:\がmountしたiso、F:がインストール先

dism /Apply-Image /ImageFile:E:\Sources\install.wim /index:1 /ApplyDir:F:\
E:\sources>dism /Apply-Image /ImageFile:E:\Sources\install.wim /index:1 /ApplyDir:F:\

展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.17763.1

イメージを適用しています
[==========================100.0%==========================]
操作は正常に完了しました。

E:\sources>

boot領域の展開

cmd.exe
bcdboot F:\Windows /l ja-JP /s B:

インストールディスクを使って

上のboot領域展開だけではうまくいかなかったので、usbにisoを

boot の修復

bootrec /scanos
bootrec /rebuildbcd
bcdboot F:\Windows /l ja-JP /s B:
bootrec /scanos

scanosでosが見つからなければ完了です。

cmd.exeを閉じて、別のosからの起動(?)を選んでインストールしたはずのosを選んでください。
image.png

それで起動すれば完了。

image.png

設定

こっから先はぐぐればわかる。
- パスワードはエンターではなく、下矢印で確認欄に移動。
image.png

  • パスワードの有効期間は延長しておくこと

  • Server Managerからのリモートアクセスは ホスト名\Administrator2

その他

explorerやieも追加しておこう3

powershell
PS C:\> Add-WindowsCapability -Online -Name ServerCore.AppCompatibility~~~~0.0.1.0
PS C:\> Add-WindowsCapability -Online -Name Browser.InternetExplorer~~~~0.0.11.0
PS C:\>  Restart-Computer

Ref

注釈

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away