1
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Organization

Lambda関数でEmbulkコマンドを実行してみる(カスタムランタイム使用)

はじめに

この記事は BeeX Advent Calendar 2020 の12/20の記事です。

==
12/16にLambdaでEmbulkコマンドを実行する記事を書きました。

Lambda関数でEmbulkコマンドを実行してみる

この時はpythonのベースイメージを使用して実行しましたが、よくよく考えるとBashで実行できるのであればそっちのほうが余計な実装が不要なので、同じことをLambdaのカスタムランタイムを使用してやってみました。

以下を参考にさせていただいています。
Embulk以外の詳細はこちらをご確認ください。
* AWS Lambdaのコンテナイメージ上のkubectlコマンド実行してEKSを管理してみる

環境

PC:Windows 10
Docker:Docker version 19.03.13, build 4484c46d9d

前提

Dockerの初期設定は完了済み
AWSアカウントは作成済み
Amazon ECRリポジトリは作成済み

実際の操作

bootstrap.shの作成

handler.shを呼び出すbootstrap.shを作成します。

bootstrap.sh
#!/bin/sh

export _HANDLER=/aws/handler.sh
if [ -z "${AWS_LAMBDA_RUNTIME_API}" ]; then
  exec /usr/local/bin/aws-lambda-rie $_HANDLER
else
  exec $_HANDLER
fi

handler.shの作成

実際の処理を行うhandler.shを作成します。
handler関数にはembulkコマンドを記述します。

handler.sh
#!/bin/sh

handler(){
  echo "start function"
  echo "run emulk"
  /usr/bin/embulk help
  echo "end function"
}

while true
do
  HEADERS="$(mktemp)"
  # Get an event. The HTTP request will block until one is received
  EVENT_DATA=$(curl -sS -LD "$HEADERS" -X GET "http://${AWS_LAMBDA_RUNTIME_API}/2018-06-01/runtime/invocation/next")

  # Extract request ID by scraping response headers received above
  REQUEST_ID=$(grep -Fi Lambda-Runtime-Aws-Request-Id "$HEADERS" | tr -d '[:space:]' | cut -d: -f2)

  # Run the handler
  handler ${EVENT_DATA}

  # Send the response
  curl -s -X POST "http://${AWS_LAMBDA_RUNTIME_API}/2018-06-01/runtime/invocation/$REQUEST_ID/response"  -d "OK"
done

Dockerfileの作成

イメージを作成するためのDockerfileを作成します。
correttoをインストールしているのはEmbulkコマンドにjavaが必要なためです。

FROM amazon/aws-cli

RUN curl -L -o /usr/local/bin/aws-lambda-rie https://github.com/aws/aws-lambda-runtime-interface-emulator/releases/latest/download/aws-lambda-rie
RUN chmod 755 /usr/local/bin/aws-lambda-rie

RUN amazon-linux-extras enable corretto8
RUN yum install java-1.8.0-amazon-corretto-devel -y
COPY embulk /usr/bin/embulk
RUN chmod +x /usr/bin/embulk

ADD ./bootstrap.sh /aws/bootstrap
ADD ./handler.sh /aws/handler.sh
RUN chmod +x /aws/handler.sh
RUN chmod +x /aws/bootstrap
ENTRYPOINT ["/aws/bootstrap"]

イメージをビルドする

特定のフォルダに作成した以下のファイルを格納します。

$ ls
Dockerfile  bootstrap.sh  embulk  handler.sh

ビルドコマンドを実行し、イメージを作成します。

$ docker build -t lambda_embulk_shell .
~build実行中~
$ docker images
REPOSITORY           TAG       IMAGE ID       CREATED            SIZE
lambda_embulk_shell latest    8b25a817b50c   15 seconds ago       428MB

テスト

ローカルで実行できるか以下のコマンドでテストをしてみます。
※curlコマンドは別ターミナル

$ docker run -p 9000:8080 lambda_shell:latest
$ curl -XPOST "http://localhost:9000/2015-03-31/functions/function/invocations" -d'{}'

問題なさそうです。

$ docker run -p 9000:8080 lambda_embulk_shell:latest
time="2020-12-20T03:32:24.907" level=info msg="exec '/aws/handler.sh' (cwd=/aws, handler=)"
time="2020-12-20T03:32:29.614" level=info msg="extensionsDisabledByLayer(/opt/disable-extensions-jwigqn8j) -> stat /opt/disable-extensions-jwigqn8j: no such file or directory"
time="2020-12-20T03:32:29.614" level=warning msg="Cannot list external agents" error="open /opt/extensions: no such file or directory"
START RequestId: da60f400-e93c-4341-accc-52c680834281 Version: $LATEST
start function
run emulk
Embulk v0.9.23
Usage: embulk [-vm-options] <command> [--options]
Commands:
   mkbundle   <directory>                             # create a new plugin bundle environment.
   bundle     [directory]                             # update a plugin bundle environment.
   run        <config.yml>                            # run a bulk load transaction.
   cleanup    <config.yml>                            # cleanup resume state.
   preview    <config.yml>                            # dry-run the bulk load without output and show preview.
   guess      <partial-config.yml> -o <output.yml>    # guess missing parameters to create a complete configuration file.
   gem        <install | list | help>                 # install a plugin or show installed plugins.
   new        <category> <name>                       # generates new plugin template
   migrate    <path>                                  # modify plugin code to use the latest Embulk plugin API
   example    [path]                                  # creates an example config file and csv file to try embulk.
   selfupdate [version]                               # upgrades embulk to the latest released version or to the specified version.

ECRリポジトリへのPush

リポジトリを作成します。
image.png

以下のコマンドでECRにPushします。

$ docker tag lambda_embulk_shell:latest XXXXXXXXXXXXX.dkr.ecr.ap-northeast-1.amazonaws.com/lambda-embulk-shell
$ aws ecr get-login-password --region ap-northeast-1 | docker login --username AWS --password-stdin XXXXXXXXXXXXX.dkr.ecr.ap-northeast-1.amazonaws.com
$ docker push XXXXXXXXXXXXX.dkr.ecr.ap-northeast-1.amazonaws.com/lambda-embulk-shell:latest

ECRにイメージがPushされました。
image.png

Lambda作成・実行

Lambdaは前回使用したものを流用します。

やることはLambdaで指定しているイメージを変更するだけです。
image.png

少し時間がかかりましたが、正常に実行できているようです。
image.png

おわりに

普段Lambdaではpythonを使用するので前回は使ってましたが、コマンドを実行したいだけならpythonである必要性もないので、カスタムランタイムを使用してみました。

実は当初はpythonで実装しようと進めていたのですが、pythonのsubprocessだとデバッグがしにくく、それならshellで実行できたほうが楽だなと思って途中で内容を修正した、という背景もあったりします。

この流れで次回はEmbulkのサンプルファイルを使用した実際の処理の実行を検証してみたいと思っています。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
1
Help us understand the problem. What are the problem?