Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@hamanhuman

コミュニケーションについて本気出して考えてみた

More than 1 year has passed since last update.

0.はじめに

コミュニケーションについて、ベンズで考えてみた。
よく本とかにある情報が、きっと頭の隅に残っているのだろうけど、
一応自分の中から捻出してみたつもり。まずはβ版的な。
(次は、コミュニケーションの質を濃度で表現したい)

1.基本系

まずは定義から。こんな感じです。

   01_説明.png

で、最大化する方法は2つあります。
   02_method01.png
   03_method2.png

多分、方法1の方が楽です。でも方法2の方が、効果的だと思います。
複数人のケースを後で示しますが、きっと方法2の方が汎用性ありかと。
方法2は情報バリエーションを出しまくって、プライベートとかガンガン出していこう、っていうアプローチです。

2.注意したい事

注意したいことは、あまり近づきすぎるのもダメということ。

   04_WARN.png

人には心理的にもパーソナルスペースがあります。
ここを侵すと磁石でいうN極同士のように、一気に離れてしまう。

3.1対1のベストプラクティス

きっと、これが理想ですね。
   05_best.png

4.複数人のケース

複数人になると&が厳しくなります。注意しないといけないことは、
特定の個人に近づくと、近づかなかった方が良いくらい、&が狭まる。

   06_multi.png
   07_multiWARN.png

で、ベストはきっとこれ。めちゃくちゃ楽なはず。

   08_MultiBEST.png

5.組織の関係は案外これ

組織で意外と多いのは、このように非接触なケースかと。

   09_Unknown.png

で、それを解消するためには、こういう人材が必要なんです。

   10_Bridge.png

6.総括

何が言いたかったか。

かっこつけすぎずに自己開示をしていけば、
結構うまく物事進んでいくのでは?っていうことです。
ただ、それが無理な人もいるので、かっこつける人のために橋渡ししてあげよう。

肩の力を抜いて、楽しく人生やっていきたいです(笑)

0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?