centos7
iproute2

CentOS7から変わったネットワーク系のコマンド

More than 3 years have passed since last update.

CentOS7から、ifconfigやarp、netstatなどのよく利用しているネットワーク系のコマンドが非推奨となり、iproute2に置き換わってます。

まぁ、

yum install net-tools

で、今まで通りのコマンドが使えるようにはなりますが、非推奨のものなので、後々消えてなくなるでしょう。

それなら、今のうちにiproute2のコマンドを覚えてしまう!ってことで、普段自分が利用しているものを中心にまとめてみました。


ifconfigの代わりは?

ip addrですね。略してip aでも同じ内容が表示されます。

こんな感じに表示されます。少々表示のされ方が変わってますよね。。。まぁ、慣れるでしょう。

ScreenShot 2014-09-08 21.51.29.png

特定のインターフェースのみが見たい場合は、ip a show dev device名となります。


routeの代わりは?

ip routeですね。略してip rでもOK.

ScreenShot 2014-09-08 21.53.31.png


netstatの代わりは?

ssなのですが、いつもnetstat -antupとオプションを付けて使っている身なので、ss -antupになります。普段利用しているオプションがそのまま使えたのはうれしかった。

ScreenShot 2014-09-08 21.58.58.png


arpの代わりは?

ip neighです。略してip nでもOK.

ScreenShot 2014-09-08 22.12.21.png


さいごに

まぁ、私が利用する分としては、こんな感じでしょう。

他に追加したいコマンドがあれば、追加するなりしたいと思います。