Posted at

Git for Windowsを64bit版にしたらrsyncが使えなくなったのをどうにかしたメモ

More than 3 years have passed since last update.

前職でMac OSだったころそうしてたので現職でも引き続きrsyncを使いたいと思ったものの、Windows環境に移ったのですんなりとは行かず、それでも調べたら

rsyncをGit for Windowsに混ぜる - Weblog - Hail2u.net

https://hail2u.net/blog/software/install-rsync-to-git-for-windows.html

このやり方でバッチリ動いていたのだが、最近Git for Windowsを64bit版にした所rsyncが上手く動かなくなってしまった。

どうも以前、32bit版のGit for WindowsにはMSYS1のファイル郡が同梱されていたものが、現在はMSYS2になっているようで、ssh連携あたりで上手く行かないらしい、多分。

それならMSYS2版を入れればいいのだろうと思ってやってみたら上手く行ったのでメモ。



  1. MSYS2 installerをインストール

  2. 案内に従ってセットアップを終わらせる

  3. pacmanでrsyncを導入 pacman -S rsync

  4. MSYS2のインストールフォルダ内からrsync.exeを探し、Git for Windowsのuser/bin/内にコピー

  5. Git Bashからrsyncが使える!


参考

こっそりと。: msys2の導入

http://camisoul.blogspot.jp/2015/10/msys2.html