Help us understand the problem. What is going on with this article?

JISキーボードなのにUS配列の環境で文字を打つ

More than 1 year has passed since last update.

接続しているのはJISキーボードなのにUSキー配列になっている環境に出くわすことがちょくちょくあります。といって環境は勝手に変えられない!今すぐには変えられない!変えるのが面倒だ!そういった時に使える対応表を作ってみました。

対応表の順番は私の思いついた順なのでこれというルールはなくて、「:(コロン)」が一番上なのはviを起動して「:q」で終了しようとするとコロンがどこにあるか分からなくて終了できないーなんてことがよくあるからとか、そんな理由となります。

対応表

JIS配列とUS配列とで異なるものだけを抜粋しています。例えば-(マイナス)はJIS配列とUS配列で位置が一緒なので省略しています。

打ちたい文字 JISキーボード上の刻印 場所
:(コロン) +
(Shift+;)
キーボード.png
*(アスタリスク) (
(Shift+8)
キーボード.png
|(パイプ) }
(Shift+])
キーボード.png
\(バックスラッシュ) ] キーボード.png
'(シングルクォート) : キーボード.png
"(ダブルクォート) *
(Shift+: )
キーボード.png
~(チルダー) 無し(Shift+半角/全角) キーボード.png
&(アンパサンド) '
(Shift+7)
キーボード.png
((左括弧) )
(Shift+9)
キーボード.png
)(右括弧) 無し(Shift+0) キーボード.png
[(ブラケット左) @ キーボード.png
](ブラケット右) [ キーボード.png
{(ブレース左) `
(Shift+@)
キーボード.png
}(ブレース右) {
(Shift+[)
キーボード.png
+(プラス) ~
(Shift+^)
キーボード.png
=(イコール) ^ キーボード.png
_(アンダーバー) =
(Shift+-)
キーボード.png
`(バッククォート) 半角/全角 キーボード.png
^(カレット) &
(Shift+6)
キーボード.png
@(アットマーク) "
(Shift+2)
キーボード.png

JIS配列とUS配列で違っているところ

JIS配列とUS配列で違っているところ(キーの押した時に刻印は違う文字が表示されるところ)を赤色で塗ってみました。灰色のところはUS配列では使わない(使えない)キーです。

通常の状態

全部で6箇所です。ところどころ違っているかなというレベルです。
キーボード.png

シフトキーを押した状態

全部で14箇所です。かなりの部分が刻印されている文字と異なることが分かります。
キーボード.png

へぇそうだったんだー

日頃から毎日のように使っているキーボードをまじまじと見たことがなかったのですが、「0」の上には何も刻印されていない(つまりシフトキーを押した際に打たれる文字がない)ことや「¥(エン)」と「\(バックスラッシュ)」の両方があった事は今回始めて知ることとなりました。「¥」と「\」は同じ意味で使う事が多いのでちょっと不思議な感じです。

あと「全角/半角」だと思っていたキーの刻印をよく見たら「半角/全角」だったなどちょっとした発見がありました。

知らないことって、こんな身近にもあったんだと思った今日このごろです。

hachisukansw
グラフィカルなものよりもテキストベースが好き。マウスよりキーボードが好き(でも複雑なのは苦手)。だからLinux好き、Markdown使えるQiitaも好き。プログラムはちょろちょとっとしか書かない、でも気が向いたらオブジェクト指向ぽく書きたい。だからRubyが好き、Smalltalkが好き、JavaScriptが好き。正規表現が好き。だから…。 @hachisukansw
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした