Edited at

色弱シミュレーター機能の使えるアプリを探してみた

More than 1 year has passed since last update.

アドビ製品には色弱の方が見るとどう見えるのかをシミュレーションできる色弱シミュレーター機能が搭載されているというような話を聞いたので、アドビ以外ではどうなんだろうと思い探してみました。


(注意)

色弱シミュレーターは色弱への理解を深めたり、色弱でなくても見え方は人によって違っている事への理解を深めるために使えると思います。

反面、おもしろいから等の安易な気持ちでコンピュータ実習等で行うと結果として色弱検査のようになってしまい人権侵害へと発展する可能性があります。色弱は遺伝子の特性によって起こる事が分かっているため色弱検査は間接的な遺伝子検査という考え方があるためです。遺伝子検査であれば当然ですが本人や保護者の同意が必要となります。ご注意下さい。

また、ここでいう「色弱」という呼称はCUDO(カラーユニバーサルデザイン機構)の提唱する色覚の呼称となり、P型(protanopia)、D型(deuteranopia)、T型(tritanopia)、A型(Achromatopsia)の事を指しています。


いろのなまえ ← 紛らわしいですがアプリの名前です。

私が自分で使うために作ったアプリで色の名前を音声で教えてくれるウェブアプリです。インストールの必要はなく以下のURLにアクセスするだけで使えます。

もともとは色の名前を音声で教えてくれるアプリなんですが、色弱のシミュレーター機能を備えています。P型、D型、T型、A型が指定できて強さも指定できます。

画像のクリップボードからのペーストにも対応していますので、Winであれば[Print Screen]キーで画面のスクリーンショットを取ってそのままペーストといったこともできます。


GIMP(フォトレタッチ)

オープンソースで開発され誰でも無料で使える画像編集ソフトです。標準で色弱シミュレーター機能を備えています。

表示 > ディスプレイフィルター からカラーディスプレイフィルターを開きます。

カラーディスプレイフィルターダイアログが表示されますので利用可能なフィルターの中から色覚障害の視覚を選択し右矢印をクリックしてアクティブなフィルターに移動します。

アクティブなフィルター内の色覚障害の視覚をクリックすると色覚障害のタイプから第一色覚障害(P型)第二色覚障害(D型)第三色覚障害(T型)が選べるようになります。

元の見た目に戻すには色覚障害の視覚フィルターのチェックを外すか、色覚障害の視覚を選択して左矢印をクリックして利用可能なフィルターに移動すれば元の見た目に戻ります。


Android

スマートフォンで使われているAndroid OSには色弱シミュレーター機能が搭載されています。アプリ、カメラ、ウェブページ等々あらゆるものが対象となるという画期的な機能です。

Androidのバージョン6.0で確認しましたが5.0以降であれば使えるようです。

Androidで色弱シミュレーター機能を使うには「開発者向けオプション」を有効化する必要があります。有名なので知っている方も多いとは思いますが、設定 > 端末情報ビルド番号を7回連続タップすると「開発者向けオプション」が有効となります。有効になると設定開発者向けオプションが追加されます。

有効になったら設定 > 開発者向けオプション > 色空間をシミュレートするで色弱シミュレーションを行うことができます。以下の4つのタイプを選ぶことができます。


  • 全色盲:A型

  • 第二色弱(赤緑):D型

  • 第一色弱(赤緑):P型

  • 第三色弱(青黄):T型

ちなみにユーザー補助 > 色の補正でも第二色弱(赤緑)第一色弱(赤緑)第三色弱(青黄) を選ぶことができシミュレーターのような結果が得られますが、「ヘルプ」を読むと「端末で色覚異常を補正できます」とありますのでシミュレーション機能ではなく補正するための機能のようです。


Google Chrome(ウェブブラウザ)

標準で色弱シミュレーターの機能は搭載されていませんがNoCoffeeSpectrumという拡張機能をインストールすることでウェブページの見え方をシミュレーションできます。Youtubeの動画やFlashもシミュレーションできます。

以前はSpectrumを使っていましたが最近はNoCoffeeを使っているのでそちらを紹介します。

インストールは右上の > その他のツール > 機能拡張 で機能拡張のページを開き、一番下までスクロールさせると他の拡張機能を見るというリンクがありますのでクリックしNoCoffeeを検索してインストールします。

インストールすると右上にアイコンが追加されますので、クリックしてColor deficiencyからタイプを選ぶことで色弱によるウェブページの見え方をシミュレーションできます。


Chromium(ウェブブラウザ)

Google Chromeの拡張機能が使えるみたいですので、Google Chromeで使用したNoCoffee拡張機能をインストールして使う事ができました。


Firefox(ウェブブラウザ)

FirefoxにもNoCoffeeアドインがありますのでインストールすることでウェブページの見え方をシミュレーションできます。(追記2018/3/29)以前はColorblind Designというアドインを紹介していましたが新しいFirefoxでは使えなくなっていましたのでNoCoffeeに変更しました。

残念ながらページによっては画面が崩れたり真っ白になり正常に機能しないことが確認できています。以前別のアドインを試した時も同じことが起きましたのでFirefoxのSVGフィルターあたりに問題があるんじゃないかと思っています。前述のGoogle ChromeNoCoffee機能拡張を使うことをおすすめいたします。

使い方はGoogle ChromeNoCoffee機能拡張と同じです。


その他


Scratch(プログラミング)

Scratch はMITで開発された子ども向けプログラミング言語です。色弱シミュレーター機能はありませんが、バージョン2.0以降はFlashベースとなりましたのでGoogle Chrome + NoCoffee拡張機能の組み合わせで色弱による見え方をシミュレーションすることができます。


PDFファイル

色弱シミュレーターの機能を搭載したPDFリーダーは見つかりませんでしたが、Google ChromeFirefoxはPDFを表示することができますので、ウェブ上のPDFであればGoogle ChromeFirefoxで開いてNoCoffeeを使ってシミュレーションできます。

Google Chromeではローカルファイルではこの方法は使えませんので、一旦、OneDrive等にアップロードして閲覧する必要があります。※FirefoxはローカルファイルもOKでした。

- (追記2016/9/2)GIMPでPDFを開くことができますので、GIMP + カラーディスプレイフィルターでも確認できそうです。

- (追記2016/9/3)pdf.jsのデモサイトが https://mozilla.github.io/pdf.js/ で公開されていました。これを使えばOneDriveにアップロードしなくても確認できます。


PowerPoint、Word、Excelのファイル

今のところMS Officeで使える色弱シミュレーターアドインのようなものは見つかっていませんが、ファイルをOneDriveにアップロードすればGoogle Chrome + NoCoffee拡張機能で色弱をシミュレーションできます。


色弱体験サイトと同じ結果にはならない…

今回試した方法と色弱の人の見え方を体験できるサイトと比較してみましたが、雰囲気は似ているものの全く同じにはなりませんでした。アドビフォトショップの表示 > 校正設定 > P型(1型)色覚又はD型(2型)色覚と比較してみましたが同様です。

ディスプレイの色温度の関係なのかアルゴリズムの関係なのかは今のところ分かりませんが、同じ結果になることにこだわるよりも物の見え方は人によって違っていて、自分と全く同じように相手が見えているとは限らないんだなーくらいの気持ちで試してみて頂ければと思います。

<色弱の人の見え方を体験できるサイト>