Ubuntu
vmware
reactnative

React Native環境構築

環境

  • VMWare
  • Ubuntu 16 (64bit)

Javaのインストール

$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
$ sudo apt update
$ sudo apt install oracle-java8-installer

Android Studioのインストール

$ wget https://dl.google.com/dl/android/studio/ide-zips/3.0.1.0/android-studio-ide-171.4443003-linux.zip
$ mv android-studio-ide-171.4443003-linux.zip /usr/local/
$ cd /usr/local/
$ unzip android-studio-ide-171.4443003-linux.zip
$ cd android-studio/bin/
$ ./studio.sh

32bit用ライブラリのインストール

参考
lib32bz2-1.0はなくなっているので、インストールできません。

$ sudo apt-get install lib32z1 lib32ncurses5 lib32stdc++6

lib32bz2-1.0のインストール

参考
bash
$ sudo dpkg --add-architecture i386
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install libbz2-1.0:i386

Android Studioのバグ対応

参考
Issue
つい最近まで更新されてる。Acceptedだからそろそろ直るのかな?

$ cd ~/Android/Sdk/emulator/lib64/libstdc++
$ mv libstdc++.so.6 libstdc++.so.6.bak
$ ln -s /usr/lib/x86_64-linux-gnu/libstdc++.so.6 libstdc++.so.6

nodejs, yarnのインストール

$ curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_9.x | sudo bash -
$ curl -sS https://dl.yarnpkg.com/debian/pubkey.gpg | sudo apt-key add -
$ echo "deb https://dl.yarnpkg.com/debian/ stable main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/yarn.list
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install nodejs build-essential yarn -y
# yarn globalでいれたパッケージへパスを通す。
$ echo "export PATH=(yarn global bin):$PATH

build-essentialは必要だったかな?まあいいか。

react-nativeのインストール

$ yarn global add react-native-cli

プロジェクト作成

$ react-native init AwesomeProject

Android Virtual Devise作成

参考
ここで、sampleって名前で作ったとして次

EmulatorでAndroid起動

の前に、opengl3を使用しない設定。
参考

$ echo "export SVGA_VGPU10=0" >> ~/.bashrc

詳しくないけど、emulatorはopengl3に対応していないから2を使うようにしましょうねってことかな。

$ ~/Android/Sdk/tools/emulator -avd sample

アプリ起動

$ cd AwesomeProject
$ react-native run-android

感想

これmacで用意したら簡単だったりしないだろうか。。。