Posted at

DNSサーバ構築ソフト BINDの設定ファイル記述メモ

More than 3 years have passed since last update.


BIND設定ファイルのステートメント

 BINDはDNSサーバを構築するためのソフトウェア。

そのBINDの設定ファイルである/etc/named.conf

ステートメントについて纏める。備忘の意味も含めて


aclステートメント

 ACL(Access Control List)を定義してDNSサーバに

アクセスするIPアドレスなどを設定する。


記述例

// internals はACL名

acl internals {
// アドレスリスト記述部
192.168.1.1
192.168.12.0/24
};


includeステートメント

ファイルパスを記述して外部ファイルを取り込む


記述例

include "/etc/file.key";


optionsステートメント

下記オプションを設定してnamedの動作を設定する。

オプション
説明

directory
ゾーンファイルが格納されているディレクトリ

datasize
データセグメントサイズ上限値

coresize
コアファイルサイズ上限値

max-cache-size
最大キャッシュサイズ(バイト)

recursion
再帰的問合わせ設定(yes/no)

recursive-clients
再帰的問い合わせをするクライアントの最大同時接続数

allow-recursion
再帰的問い合わせを受け付けるホスト

allow-transfer
ゾーン転送を許可するホスト

allow-update
ゾーン情報の動的アップデートを受け付けるホスト

blackhole
問い合わせを受け付けないホスト

forwarders
問い合わせの回送先DNSサーバ(IPアドレス)

forward
forwardersの回送方法

notify
ゾーンデータの更新をスレーブサーバに通知するか否か

version
バージョン表示


controlsステートメント

DNSサーバを操作できるホストやIPアドレス、ポート番号を設定する


記述例

contorols {

inet 127.0.0.1 allow { localhost; };
}


zoneステートメント

ゾーンファイルの名前、場所、タイプを設定する

タイプ
意味

hint
ルートDNSサーバを指定

master
指定したゾーンに対してマスターDNSサーバ

slave
指定したゾーンに対してスレーブDNSサーバ


記述例1

zone "sample1.net" {

type master; // タイプ
file "sample1.net.zone"; // ゾーンファイル
}


記述例2

zone "sample2.net" {

type slave; // タイプ
file "sample2.net.zone"; // ゾーンファイル
master { 192.168.11.20; };
}


参考文献

中島能和 『LINUX教科書 LPICレベル2 Version4.0対応』 第二版 2014