echo
Slack
Alexa

ゴミの日が覚えられないので、slackとechoに教えてもらうようにした

新卒で引っ越ししたばっかりでゴミの日が覚えられません...。
まぁ実家でもゴミの日を忘れることはよくあったのですが 笑

ということで、
全くゴミの日情報を覚えていなくても、SlackとEchoにリマインドしてもらえればゴミ出しできる!(※ 寝坊さえしなければ)

という事を超簡単に実現しました。

どうなるか

slackリマインド

ゴミの日の朝にslackでリマインド

Event staring in 15 minutes:
可燃ゴミ
7:00 AM ~ 8:00 AM

echoで予定確認

「Alexa!明日の予定は?」
「明日は予定が1件あります。朝7:00 ~ 8:00 可燃ゴミ です。」

(オプション)iPhoneに通知

~ゴミ捨て日朝7時~

ぴろん!(iPhoneにリマインダーで通知)

利用するもの

  • Slack
  • Google Calendar
  • Echo
  • (オプション) IFTTT

Google Calendarのゴミの日予定をslackに投稿する

slackとGoogle Calendarを連携させる

公式のGoogleカレンダーとSlackを連携させる というページがあるので、これでゴミの日のカレンダーと投稿したいslackチャンネルを紐づけてください。

僕の場合は、ゴミの日カレンダーと家族予定共有チャンネルを紐づけています。ゴミの日スケジュールを7:00 ~ 8:00で作成して、開始時間にリマインドされるようにしています。

スクリーンショット 2018-04-07 14.23.52.png

Google Calendarにゴミの日の予定を追加する

slackと連携するカレンダーにゴミの日を追加します。
基本的には隔週や、毎週火・金に可燃ゴミ。などのルールで追加すれば問題ないのですが、以下のようなパターンがあります。

第1・第3木曜は資源ごみ、第2・第4木曜はペットボトル

これが、確実に2週間に1度なら問題ないのですが、第5週目の回収は行わない。というルールがあるとズレが生じます。

なので以下のように、「月1回第○(偶数)木曜日にペットボトルごみ」というのを2件作成します。同様に「月1回第○(奇数)木曜日に資源ごみ」というのを2件作成します。

スクリーンショット 2018-04-07 11.55.54.png

スクリーンショット 2018-04-07 11.57.41.png

Google Calendarの繰り返しルールで、あまり複雑なルールが設定できないみたいので分けて設定するしかないです。
公開設定にしたかったのですが、どこの地区に住んでるかモロバレなのでやめました。

ゴミの日予定をEchoに教えてもらう

これはEchoとGoogle Calendarをリンクするだけで終わりです。

Echoにカレンダーをリンクするで、簡単にリンクできます。

(オプション) iPhoneに通知する

IFTTTを利用することによってiOSのリマインダーにゴミ捨て予定を登録し、指定時間に通知を出すことが出来ます。画面上ではAlarmと出ていますが、これは時計のアラームを鳴らす機能ではなく、ただ通知を出すだけの機能なのでご注意を。

slack通知とechoでの予定確認の上の最終予防線ということで、オプションにしておきました。

IFTTTで以下のようなアプレットを作成します。

if Google Calendar : Any event starts
then iOS Reminders: Add reminder to list

スクリーンショット 2018-04-07 13.57.32.png

スクリーンショット 2018-04-07 13.57.43.png

アプレット実行の遅延が結構あるので、Google Calendarの方はイベントの30分前をトリガーにしておいて、リマインダーのアラームの時間を{{Starts}}にしておけば、指定時間に通知が出るようにできます。

※リマインダーにうまく追加されない場合は、設定>IFTTT>リマインダーのボタンをトグルオフ→トグルオンしてやり直してみてください。僕はそれでうまくいきました。

実装までの所要時間

1時間程かと思われます。

iOSのリマインダーでアラームを鳴らす機能が最近実装されたばかりらしくて、情報があまりなかったのと、トグルボタンのon/offをしないとうまくいかないところでハマって2時間ぐらいかかりましたが、それ以外のところは1時間ぐらいで終わってました。

感想

色々とツールは使いましたが、ノーコーディングでゴミの日自動リマインドシステムを素早く実装することが出来ました。
このように、小さな生活の自動化をいくつも積み上げて生活の二重化をどんどん無くしていこうと思います! DRYの原則バンザイ!

これで毎日ぐっすり眠れそうです...🛌