Edited at

vagrant+virtualboxでapache+php開発環境構築

More than 3 years have passed since last update.

構築の流れをメモします。

vagrantとvirtualboxのインストールは割愛

webサーバにapache, プログラミグ言語がphpという環境を

centos6.5上に作成します


1).Boxの取得

作業ディレクトリを用意

$ mkdir vagrant

$ cd vagrant

Vagrantbox.es から好みのOSを選択して、boxに追加。今回は、「CentOS 6.5 x86_64」にしました。

$ vagrant box add centos65x86_64 https://github.com/2creatives/vagrant-centos/releases/download/v6.5.3/centos65-x86_64-20140116.box

...
Successfully added box 'centos65x86_64' with provider 'virtualbox'!

boxの確認。先ほどaddしたものが追加されている。

$ vagrant box list

centos65x86_64 (virtualbox)


2).vagrantfileの作成

以下コマンドで初期化

$ mkdir centos65x86_64

$ cd centos65x86_64
$ vagrant init centos65x86_64

実行後「Vagrantfile」が作成される。ただ今回は、何も修正しないで利用します。


3).vmの作成

以下コマンドで、VMを作成する

$ vagrant up

コマンド終了後、確認をする

$ vagrant status


4).vmにログイン

sshによりログイン

$ vagrant ssh

$ cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.5 (Final)


5).apache+phpのインストール

まずは、yum update

$ sudo yum update

続いて、apache+phpを。

$ sudo rpm -Uvh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

$ sudo rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

$ sudo yum install --enablerepo=remi --enablerepo=remi-php55 php

phpのバージョン確認

$ php -v

PHP 5.5.20 (cli) (built: Dec 17 2014 15:09:12)

apache起動。iptablesは無効にしておきます。

$ sudo service httpd start

$ sudo chkconfig httpd on

$ sudo service iptables stop
$ sudo chkconfig iptables off


6).vagrantfileの設定変更

ホストからvm内のapacheにアクセスできるように、Vagrantfileの以下の部分を修正する

config.vm.network :private_network, ip: "192.168.33.10"

設定変更を反映

$ vagrant reload

IPアドレス指定でブラウザからアクセス。

vm内でアクセスログを監視して確認

$ sudo tail -f /var/log/httpd/access_log

apacheのテストページが表示されればOK