Vim

Vim起動時にできること

こんにちわ

ゴリラです。

前回Vimのインサートモードでできることを書いたのですが、

思いの外需要があるだなと思ったので、Vimの起動時にできることを今回紹介していきます。

書く項目をクリックすればリンクに飛べます。

この記事で紹介した内容をすべて知っている方はすごいvimmerと思われます。


垂直分割で開く

vim -O2 file1 file2

vim-O2.gif


水平分割開く

vim -o2 file1 file2

vim-o.gif


複数のファイルをタブで開く

vim -p2 file1 file2

vim-tab.gif


指定した行にカーソルを移動した状態で開く

vim +10 file

コーディング時、ログからエラー箇所がわかっている場合に使える。

vim-+.gif


検索かけた状態でファイル開く

vim +/ gorilla file

cgnと一緒に使うと便利かも。

vim-+:.gif


セッションを復帰する

vim -S session.vim

セッションについてはこちらの記事を参考に。

vim-session.gif


読み取り専用状態でファイルを開く

vim -R file

確認するだけなのにうっかり編集してしまわないようにする時に使うと便利かも。

vim-R.gif


Exモードで起動

vim -e

vim scriptの学習時に使える。

vim-e.gif


差分確認

vim -d file1  file2

vimdiffでも同じことができる。

vim-diff.gif


バイナリ編集

# ↓でバイナリモードでファイルを開く

vim -b gorilla.bin
# 開いたあとに
:%!xxd

vim-binary.gif


素のvimを起動

vim -u NONE

vimでは:e .で標準のnetrwが起動しますが、,

素のvimだとそれが起動しないのgifでわかったと思います。

そして、暗黒パワーが消える。

vim-none.gif


スワップファイルから復活

vim -r gorilla.swp

vim-recover.gif


まとめ

Vimはいいぞ!

ではよいVimライフを〜