Help us understand the problem. What is going on with this article?

LoopbackのAPIサンプルをMySQLに変更するステップ

More than 1 year has passed since last update.

LoopbackはオープンソースのBaaSです。大元はIBMに買収されたようですが、フレームワークはオープンソースとして公開されています。

LoopBack - Node.js framework

デモ的なアプリが認証、トークン周りを含んでいて良い感じです。これをベースに拡張していこうと思った時にデータベースを用意するかと思います(デフォルトはオンメモリ)。MongoDBは運用大変なイメージしかないのでMySQLを使ってみます。

データソースの追加

$ lb datasource

後はウィザードに沿って答えていくだけ。ライブラリのインストールもやってくれます。

$ lb datasource
? データ・ソース名を入力してください: mysql
? mysql のコネクターを選択します: MySQL (StrongLoop でサポートされます)
? Connection String url to override other settings (eg: mysql://user:pass@host/db): mysql://xxx:yyy@127.0.0.1/zzz
? host: 127.0.0.1
? port: 
? user: xxx
? password: ******
? database: zzz
? loopback-connector-mysql@^2.2 のインストール Yes
+ loopback-connector-mysql@2.4.1

モデルのリソース変更

Loopbackはモデルごとにリソースが設定できるようです。 server/model-config.json を編集します。

  "User": {
    "dataSource": "mysql" // <- db から自分で指定したリソース名に変更
  },

他のリソースもすべて変更します。

テーブル作成

で、既存のスキーマはオンメモリに展開されているのでMySQLに展開します。 Creating a database schema from models | LoopBack Documentationにあるのですが、 server/create-lb-tables.js を作成します。

var server = require('./server');
var ds = server.dataSources.mysql; // <- mysql は自分で指定したリソース名
var lbTables = ['User', 'AccessToken', 'ACL', 'RoleMapping', 'Role'];
ds.automigrate(lbTables, function(er) {
  if (er) throw er;
  console.log('Loopback tables [' + lbTables + '] created in ', ds.adapter.name);
  ds.disconnect();
});

これでテーブルができあがってハッピー!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした