レビューコメントにラベルをつけるだけで開発効率があがって幸せになれそうな話

はじめに

コードレビューを受けている時,これは修正が必須なレビューコメントなのか,出来たら修正した方がいいものなのか,判断に迷う時ってありませんか?

付き合いの長いチームや, メンバー同士でレビューをしていると感覚的に分かることもあるけど, 新しいチーム, 新しいメンバーなど関係性が出来上がる前だと, 温度感が分からず判断に迷うことがありそうです.

結果, 全てを対応しようと頑張りすぎてしまい, 修正に恐ろしく時間がかかってリリースが遅れるなど本末転倒な不幸なケースも起こりえそうです。

スクリーンショット 2018-04-06 0.17.34.png

例)先輩がいってるし全部直さなきゃ...!

レビューコメントにラベルをつける

  • [must] 必ず対応してほしい!
  • [imo] 自分の意見や提案・好み。 自分ならこう書くけどどうかな?
  • [nits] 些細な指摘。 ほんの小さな指摘だけど出来れば直してほしい。インデントやタイポ
  • [ask] 質問,確認。 コードの意味や背景が分からないから教えて!こういう理解でOK?

スクリーンショット 2018-04-06 0.18.02.png

出来れば直したいけど, 今回はリリース優先して別PRで対応にさせてもらおう!

こんな感じでレビューコメントにラベルがついているだけで,温度感や情報の伝達性がわかりやすくなります。
温度感がわかると、判断や相談もしやすくなり, ほんの小さな工夫だけで開発スピードがあがりそうです。

まとめ

調べてみると一般的なんですね。
レビューコメントにラベルがあるだけでレビューのコストが低くなります。今すぐ実践できる内容なのでチームで実践してみてください。

新人プログラマ、先輩プログラマの皆さんが幸せなスタートがきれますように。

参考リンク

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.