Heroku
Paas
docker
dokku

個人開発ならHerokuよりDokkuを使おう

皆さん個人開発してますか?
個人開発の時にせっかく作ったならリリースして誰かに見てもらいたい・使ってもらいたいですよね。でもあまりお金はかけられない。
静的サイトならgithub.iofirebase hostingがありますが、Webアプリケーションだと使えません。

ちょっと前まではHerokuがデファクトな選択肢でしたが、スリープしたりで不便だったりします。

そんな方にDokkuがオススメです。
DokkuはOSSのPaaSで、シェルスクリプトを実行するだけでインストールができるHerokuライクなアプリケーションです。

自分はVultrという激安VPSにインストールしています。

実際どうなのか?

インストール方法や基本操作等は以下が参考になるので割愛します。
- Getting Started with Dokku
- DockerでミニHeroku!「Dokku」をさくらのクラウドで試す

使ってみた感覚としては、個人開発やステージング環境なら全然使えるものだと感じました。
DBがプラグインじゃないと使えなかったり(だいたいベータ)、CUIクライアントが微妙でたまにリモートホストにSSHしてコマンド叩いたりといった部分もあります。

しかし自分のドメインを設定できるのでサブドメイン生成でわかりやすいURLになったり、アプリケーションのスケールやDockerfileでのデプロイにも対応しています。

便利ポイント

Dokkuの一押しポイントが、dokku-letsencryptプラグインです。
dokku config:set --global DOKKU_LETSENCRYPT_EMAIL=your@email.tld
dokku letsencrypt myapp
の二行のコマンドでアプリケーションのHTTPS化ができます。

コミュニティプラグインでは、Slack通知やWeb Hookプラグインもあるので他のサービスとの連携もできます。

公開鍵を登録すれば自分以外のユーザーも追加することができるので、ステージング環境などに活用できると思います。

まとめ

OSSのPaaSはCloud Foundryが有名ですが、DokkuはWebフロントエンドが無く機能も絞られている分インストールが簡単ですぐに動かすことができます。

個人開発では、アプリケーション開発以外のところでつまずいたりしてサービス公開まで行かずに萎えたりするのでDokkuで超高速サービスデプロイをしていきましょう。