Help us understand the problem. What is going on with this article?

GitHub入門 ④FirstCommit(Linux版)

More than 5 years have passed since last update.

Windowsが出来たので、Linuxも!!と思ってやってみました。
Linux分かりにくいです・・・(イラッ

はじめに

Windowsはアプリケーションをインストールして、そこに設定を入れ込むことでGitHubが利用できるようです。Linuxはアプリが無いので、いろいろ調べると以下のようなやりかたのようです。

①gitのインストール
②鍵の作成
③GitHubのページでSSH Keyの設定
④秘密鍵をローカルへ登録
⑤ローカルのセットアップ

環境設定

①git のインストール

1.入っているか確認してみましょう。
「-bash: git: command not found」って出たらインストールが必要です。
$ git

2.インストール
$ sudo yum install git -y

②鍵の作成

$ ssh-keygen -t rsa -C "GitHubに登録したメールアドレス" 
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/ec2-user/.ssh/id_rsa):【Enter】
Enter passphrase (empty for no passphrase):【任意のパスワード】
Enter same passphrase again:【任意のパスワード】
Your identification has been saved in /home/ec2-user/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /home/ec2-user/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
da:82:ca:a1:9d:d0:01:72:1f:4d:5c:bc:6c:6c:d3:07 メールアドレス

③GitHubのページでSSH Keyの設定

1.GitHubのHPを開きます。ログインを実施しておいてください。
 https://github.com

2.画面右上の「Settings」をクリックします。
image

3.「SSH keys」を選択します。Windowsが入ってる・・・感動
image

4.同画面にて「Add SSH key」をクリックします。

5.各項目を入力します。「Title」に識別可能な名称を入力します。
  「Key」には②で作成した鍵(public key)の内容を貼り付けます。

  $ cat /home/ec2-user/.ssh/id_rsa.pub

image

6.同画面にて「Add key」をクリックします。
image

④秘密鍵をローカルへ登録

1.SSHエージェントを起動
$ eval `ssh-agent`

2.鍵の登録
$ ssh-add /home/ec2-user/.ssh/id_rsa
Enter passphrase for /home/ec2-user/.ssh/id_rsa:【登録した際のパスワード】
Identity added: /home/ec2-user/.ssh/id_rsa (/home/ec2-user/.ssh/id_rsa)

⑤ローカルのセットアップ

1.GitHubのソースを格納する場所を作って上げる。
 例 $ mkdir ~/GitHub

2.作った場所に移動する
$ cd ~/GitHub

3.リポジトリ初期化
$ git init

4.コミットしたいファイルをインデックスに登録
$ git add .

5.コミット
$ git commit -m 'initial commit'

試してみる

1.自分で作ったリポジトリのページを開きましょう
image

2.右下の「You can clone with HTTPS, SSH, or Subversion. 」って文字の「SSH」をクリックします。
image

3.SSHのリンクをimageをクリックしてコピーします。

4.リモートリポジトリを指定
$ git remote add origin 【コピーしたものを貼り付け】

5.リモートリポジトリの中身を確認

$ git remote
origin
$ git remote -v
origin  git@github.com:gitya107/public.git (fetch)
origin  git@github.com:gitya107/public.git (push)

6.以下のコマンドでGitHubからファイルをコピーします。

$ git clone [コピーしたものを貼り付け]

何か取得できたっぽいです。
コマンドを実行した場所配下にリポジトリが出来ました。

7.落とした場所に移動します。(私の場合はpublicです)

$ cd public

8.何かファイルを作成します。
  linux_De_Touroku.txt って作ってみました。

9.ファイルを覚えこませる
$ git add Linux_De_Touroku.txt

10.ローカルのコミット
$ git commit -a -m "First Linux Commit"

何かメッセージ出たけど、英語なので無視してみる

1 file changed, 2 insertions(+)
create mode 100644 Linux_De_Touroku.txt

このメッセージに手ごたえを感じた

11.ファイルをUPしてみます。

$ git push -u origin master

12.Webで確認

image

あがってる!!感動

たぶんこれで基本的な設定は出来たと思うので、あとはやりたいことに応じて勉強って感じでしょうか・・・

gitya107
某メーカに入社して開発系⇒インフラSEとなりました。 2014年から技術者派遣の会社に居ます。そろそろフリーランス or 自社サービス/自社請負かなぁと思う今日この頃
http://www.tech-joy.work/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした