IoT
emulator
SDR
LPWA
SigFox

SDR dongle - Sigfox Network Emulator (SNE)の使い方

Sigfoxは、通信モジュールとデバイスのローカルテスト用にSDR dongle(旧名SNEK:Sigfox Netwrok Emulator Kit)をリリースしています。購入にあたっては、DigiKeyのWebサイトか、KCCSにお問い合わせください。
image.png
このSDR dongleを使用することにより、

が可能になります。
ここでは、Sigfox通信確認を行うためのSigfox Network Emulator (SNE)機能の使用方法を説明します。
この機能は、SDR dongleをPCに指し、専用ソフトを起動すれば、疑似的なSigfoxゲートウェイを構築することができます。

SNEのインストール

SNEのインストールに当たっては、こちら(sigfox support)から、使用するOSにあったインストーラをダウンロードし、インストールしてください。

SNEソフトウェアの使い方

SDR dongleをPC USBポートに接続し、Sigfox Network Emulatorを起動してください。
sne.png

SNEの設定

CONFIGURATION - RADIO

無線設定を行います。日本向けデバイスを使用する場合は、Radio ConfigurationとしてRC3を選択すると上り下りの周波数及び上りビットレートが自動的に設定されます。
海外向けデバイスを使用する場合は、その他Radio Configurationを選んでください。Radio Configurationに関しては、こちらを参考にしてください。
radio.png

CONFIGURATION - DEVICES

SNEと接続するデバイスを選択します。IdentifierにはデバイスIDを16進表記で入力してください。Nameはご自由に入力してください。
devices.png

CONFIGURATION - CALLBACKS

SNEで受信したSigfoxメッセージを外部アプリケーションサーバーに転送する場合は、設定してください。(必須ではありません)
Callbackを使用される場合は、対象PCがインターネットに接続されている必要があります。また、設定方法はSigfoxクラウドと類似していますので、こちらを参考にしてください。
Screenshot from 2018-06-08 14-49-46.png

デバイスのPrivate設定

SNEを使用する場合、デバイスから出力されるメッセージをは、パブリックなSigfoxゲートウェイに接続されないプライベートモードに設定しておく必要があります。
KCCSが評価用に提供するデバイス(Keyapp)の場合は、

AT$PID=1  <-Privateモード設定(Public:0)
AT&W      <-設定値保存

で変更可能です。この設定は、通信モジュールにより異なりますので、モジュールメーカーにお問い合わせください。

Sigfox通信確認

デバイスのPrivateモード設定が完了すれば、AT$SFコマンドでメッセージ送信してください。
下図のようにMESSAGESタブで確認することができます。
Screenshot from 2018-06-08 15-05-00.png

Sigfox Japan KCCS