Edited at

UITextViewの使い勝手を少しだけ良くする

More than 1 year has passed since last update.

UITextViewをそのまま使った場合,少し使い勝手が悪い点があるので,その対応についての備忘録を兼ねた小ネタです.


Paddingを消す

UITextViewはデフォルトでPaddingが設定されています.


Paddingも考慮してレイアウトを組むのは面倒なので, viewDidLoad() などに以下のコードを追加し,Paddingを消去します.

textView.textContainerInset = UIEdgeInsets.zero

textView.textContainer.lineFragmentPadding = 0


全選択を可能にする

isEditable == false の場合,ロングタップ時のメニューに全選択がありません.


以下のように canPerformAction() をオーバライドして,メニューをカスタマイズします.

なお,分岐条件に action == #selector(select(_:)) を追加してメニューに「選択」を表示することもできますが,そのアクションをタップしても選択範囲は変わらず特に何の変化も及ぼさないので,今回は除外しました.

class AllSelectableTextView: UITextView {

override func canPerformAction(_ action: Selector, withSender sender: Any?) -> Bool {

// すべて選択,コピー,共有のみ利用可能
if action == #selector(selectAll(_:)) ||
action == #selector(copy(_:)) ||
action == Selector(("_share:")) {
return true
} else {
return false
}
}
}

UITextViewを編集不可にして表示するような場合,ある程度長いテキストを表示することが想定されます.

全選択(からのコピーや共有)を容易にすることで,細かなユーザビリティの改善にも繋がるかと思います.