Posted at

Substance ShareからUE4へMaterialを取り込む

More than 1 year has passed since last update.


Substance ShareからUE4へMaterialを取り込む


Substance ShareからMaterialをダウンロードする

Substance Share

https://share.allegorithmic.com/

Substance ShareaはAllegorithmic.comアカウントを持つ全員が利用可能

Substance ShareはSubstanceツールのコミュニティサイトで、マテリアル、ブラシ、HDRIなど、ダウンロードすることができる

自分が作成したSubstanceのアセットをアップすることもできる

Substanceコミュニティーサイト「Substance Share」オープン

https://www.borndigital.co.jp/software/news/4131.html

image

拡張子
拡張子の種類
概要

.sbs
Substance Designerファイル
Substance Designerの元データ

.sbsar
substanceファイル
Unrealにインポート出来るファイル

Materialによっては.sbsarのみアップロードしているMaterialがある

image


Unrealへの取り込み


Substance PluginのEnable

Substance Pluginが有効になっていないとsbsarファイルを取り込むことができない

image


.sbsarをUnreal Projectにインポート

image

CubeなどStaticMeshを追加して、インポートしたSubstanceのMaterilaを設定する

image


インスタンスによるパラメーター調整

Instanceファイルをダブルクリックすると、パラメーターを変更することが出来るウィンドウが立ち上がる

各パラメーターを変更することでマテリアルを変更することができる

image


Substance DesignerからSubstanceファイル(.sbsar)を出力する

SubstanceDesignerファイル(.sbs)がある場合は、ダウンロードしたファイルをベースに変更して、Substanceファイル(.sbsar)を出力することができる

.sbsファイルをSubstance Designerで開く

.sbsファイルを選択し、S↑ボタンをクリック

image

名前を設定して保存する

image

OKをクリック

image


出力時のエラー対応

ファイルを開いたときに、バージョンが違った

現在のバージョンではエラーになってしまった

image

Use_Image_Damageを使っているノードを検索して見つける

image

image

Use_Image_Damage がTrueならFloat:1.0, FalseならFlaot:0をOutputとして返すように修正する

image

Use_Image_Damageのエラーが消えた

image

outputsizeのFunctionを削除

このFunctionが原因でエラーになっている

image

Get Integer 2ノードを追加し、$outputsizeを設定する

OutputしているノードのIn,Lastに接続する

image

outputsizeのエラーが一つ消えたので、残り二つを探して修正する

image

エラーが無くなれば.sbsarが出力される

Unrealに取り込んだところ、Downloadした.sbsarと同じ結果が表示された

image

Substanceもアップデートの期間が早いので、昔のファイルを現在のバージョンで使用すると、エラーを取り除かないと使えないことがあるみたいだ。

中身を見るだけでも勉強になるので、色々とダウンロードすると楽しい。