Help us understand the problem. What is going on with this article?

スターリンソートよりも速いO(1)のソート

はじめに

みなさん、スターリンソートはご存じですね?

以下のツイートが有名でしょう。

Qiitaの記事では

計算量O(n)の画期的なソートアルゴリズムであるスターリンソートをHaskell で実装してみた #Haskell
https://qiita.com/Tatsuki-I/items/380d6bd06515b872b2b2

計算量O(n)で噂のスターリンソートを実装してみた
https://qiita.com/MeilCli/items/721526d716851e92192a

などが有名ですね。
しかし、これでもまだO(n)にしかなっていません。我々が目指すべきはO(1)のアルゴリズムです。
そこで、次のようなアルゴリズムを提案します。

アルゴリズム

アルゴリズムは簡単。

いかなる入力に対しても、あらかじめ用意したソート済み配列(リスト)を返す。

これだけです。これなら問題なくO(1)を達成できますね。

実装

では早速実装していきましょう
まずはRubyから

sort.rb
module Mod
  SORTED = (1..10).to_a
  def sort(arr)
    SORTED
  end
end  
result.rb
> sort([1, 2, 3])
[1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10]

続いてC#

sort.cs
namespace MySort {
  public static class MySort {

    public static readonly int[] Sorted = Enumerable.Range(1, 10).ToArray();
    public static int[] Sort(int[] arr)
    {
      return Sorted;
    }
  }
}
result.cs
> MySort.Sort(new int[] { 1, 2, 3 })
int[10] { 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10 }

最後にHaskell
これだけ空リストが来たときだけはお情けで空リストを返すようにしてあります

sort.hs
module MySort where

sort    :: [Int] -> [Int]
sort [] = []
sort xs = [1 .. 10]
result.hs
> sort [1, 2, 3]
[1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10]

まとめ

スターリンソートよりも高速なソートアルゴリズムを提案しました(ソートできるとは言ってない)
問題は名前ですが、「真実を握りつぶしあらかじめ決められた情報を流す」というイメージから

大本営発表ソート

なんてどうでしょう。大本営発表を英語にすると "Imperial Headquarters announcement" なのですが、長いので "Propaganda Sort" (プロパガンダソート) とかでもいいと思います。

fvh_P
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした