Help us understand the problem. What is going on with this article?

carthageでupdateの方法を指定する

More than 1 year has passed since last update.

利用するライブラリが多くなると、 carthage update が長くて困るってことありませんか?
そんな時のために、carthageのupdate方法をまとめます。
その時々で適切なやり方で、carthage updateするようにしましょう。

環境

Homebrew 1.3.2
Carthage 0.24.0

carthage update ケース別種類

一般

一般的に利用される carthage update は、下記コマンド。

$ carthage update
1つだけアップデートしたい場合

carthage update すると、Cartfileで設定しているライブラリ全てアップデートしてしまう。
例えばRxSwiftだけに限定したい場合は、下記コマンド。

$ carthage update RxSwift
複数指定してアップデートしたい場合

スペース区切りで記載すれば良いです。例えばRxSwiftとrealm-cocoaに限定したい場合は、下記コマンド。

$ carthage update RxSwift realm-cocoa
platformを指定したい場合

carthage update すると、platform[Mac, iOS, tvOS, watchOS] 全てアップデートしてしまう。
例えばiOSだけに限定したい場合は、下記コマンド。

$ carthage update --platform iOS
binaryを使用しない場合
$ carthage update --no-use-binaries
Cartfile.resolvedを参照したい場合

carthage update はCartfileに記載された最新のライブラリバージョンをBuildする。
ただ、チーム開発などで、ライブラリのバージョンを揃えたいときがある。
このとき、下記コマンドを実行すると、Cartfile.resolvedに記載されたバージョンをBuildしてくれる。

$ carthage bootstrap
注意事項:Xcode再起動の必要

carthage update 後、すぐにXcode上で反映されない場合は、Xcodeの再起動をしましょう。

注意事項:Carthage updateを行なう順番

carthage update 時、xcodeのバージョンを参照するようである。
つまり、現在のxcodeのバージョンに適したライブラリをBuildするようにする、ということ。
そのため、下記順番で実施することがおすすめ。

  1. Xcodeをアップデート
  2. carthage update

逆にしてしまうと、もう一度carthage updateするハメになってしまうかも。

補足、まとめ

現状、知っている範囲でまとめてみました。
ただ、入れているライブラリの中にplatform[iOS]がなかった場合など、 carthage update --platform iOS がエラーになってしまいます。そういう場合は、 carthage update でまとめてやる方が良いかもです。

まあそれについては、また別の機会に。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした