bundler
CocoaPods

bundlerでcocoapodsのバージョンを管理

たまに $ pod install をすると、差分が出てしまう時があります。

cocoapods自体のバージョンが上がってしまうことが主な原因です。

bundlerを用いると、cocoapods自体のバージョンを固定にでき、

バージョン管理を行うことができます。

そうすれば、勝手にバージョン上がってしまう自体を避けられます。


実行環境


  • OS: MacOS v10.13

  • Terminal: iTerms

  • Bundler: 1.16.3


事前準備 bundlerインストール

bundlerをインストールしておきます。

この説明は、今回は省略します。


手順


Gemfile作成

下記コマンドで、bundlerの設定ファイル Gemfile を作成します。

$ bundler init


Gemfile中身にcocoapodsのバージョンを追記

Gimfileを修正します。

#↓これは一旦コメントアウト

git_source(:github) {|repo_name| "https://github.com/#{repo_name}" }

#↓これを追記
gem 'cocoapods', '~> 1.5.2'

gem 'cocoapods', '~> 1.5.2' と書くことで、

cocoapodsのバージョンを1.5.2に指定しています。


cocoapodsをインストール

cocoapods自体をbundlerでインストールします。

$ bundle install

これで完了です。


(補足)以降、pod installする時

今回はcocoapodsの利用法自体は省略しますが、

pod installする方法だけ記載します。

今までは、

$ pod install

としていたと思いますが、今後は、

$ bundle exec pod install

としてください。

こうすることで、cocoapodsのバージョンを変えずにpod installできます。

コマンド長い...と思う人は、aliasで短縮形を設定してください。説明省略。

ちなみに、アップデートは

$ bundle exec pod update

です。


(補足).gitignoreの設定

今回git上に追加すべきファイルは、下記の2つだけです。

Gemfile

Gemfile.lock

コレ以外のファイルはそれぞれのPC環境で、

bundle install とすることでインストールできるファイルなので、

.gitignoreで指定してしまって良いです。