Edited at

Macでmysqlを扱う方法

Macでmysqlの設定方法を調べたかったのに、

Windows系の記事の方が多かったので、

自分でまとめて記事にしてみました。

Terminal上での作業を想定しています。

[] 部分は [] も含めて対象のものに置き換えてください。


インストールと状態確認


brewでインストール

brewでmysqlをインストールします。

$ brew install mysql

インストールしたmysqlの情報を確認する場合は、下記コマンドで。

$ brew info mysql


バージョン確認

$ mysql --version


mysql自体の起動・停止

mysqlはインストールしただけでは起動していません。

利用する場合は起動をしましょう。

また、使い終わったら停止しておきましょう、バッテリー結構消耗しがちなので。

$ mysql.server start # 起動

$ mysql.server start --skip-grant-tables # パスワード無しでログイン
$ mysql.server stop # 停止


実行(ログイン)

$ brew info mysql で確認した情報欄にも記載がありますが、下記コマンドで実行。

$ mysql -uroot #root実行


実行後


ヘルプ

ヘルプ一覧を表示。(コマンドどちらでも可)

mysql> help

mysql> \h


mySQL状態確認

mysql> show variables like 'version'; #バージョン確認

mysql> show status; #セッション統計情報の表示
mysql> show status like "Threads_connected"; #現在の同時接続数を表示


ユーザ状態確認、操作

mysql> select user(); #ログイン中のユーザ表示

mysql> show grants; #現在ログイン中ユーザの権限確認


データベース状態確認、操作

mysql> show databases; #データベース一覧を表示

mysql> use [db_name] #使用するデータベースを選択(セミコロン不要)
mysql> create database [db_name] #データベースの作成
mysql> drop database [db_name] #データベースの削除


テーブル状態確認

mysql> show tables; #テーブル一覧を表示

mysql> show tables status; #テーブル一覧のステータス情報を表示
mysql> desc [table_name]; #カラム一覧を表示
mysql> show full columns from [table_name]; #カラム一覧を表示、Collation付き。
mysql> show index form [table_name]; #特定テーブルのインデックスを確認

※Collation:照合順序。MySQLでは文字コードとソート順を持っており、ソート順の部分がCollationと呼ばれている。DB単位、テーブル単位、カラム単位で設定可能である。


ユーザの作成・削除

ユーザ名:maki

パスワード:fuwa

のユーザを作成します。

mysql> create user 'maki'@localhost identified by 'fuwa';

下記コマンドで作成できたことを確認しましょう。

mysql> select user, host from mysql.user;

間違えた場合などに、ユーザを削除するコマンドは下記。

mysql> drop user 'maki'@localhost;

ちなみに、作成したユーザでログインする場合は下記コマンド。

コマンドを打ったらパスワードを求められます。

$ mysql -u maki -p


退出(ログアウト)

下記どれでも可能。(コマンドどちらでも可)

mysql> exit

mysql> quit
mysql> \q