Edited at

WWDC18 Keynote内容まとめ

More than 1 year has passed since last update.

WWDC18に参加しています。

取り急ぎ、Keynoteで発表された内容をまとめてみました。


7:30から並びはじめ。会場には長い長い行列。

一番はやい人は前夜の21時くらいから並んでいたらしい。

並んでる場所には朝食が配置されていました。

並んでいる間に食べれるという。便利。

9:30頃には会場イン。

左端だけど、一番前の席を確保。


概要


  • WWDCのOpening Event。

  • 10:00-12:00の2時間。

  • WWDC2018でAppleが発表するMain Topicが公開されます。

  • keynoteが終わった後、keynote以外のSession詳細が発表されます。

タイムテーブル:

https://developer.apple.com/wwdc/schedule/#!/

※keynote終了前も 仮タイトル タイムテーブル は記載されています。


内容


挨拶


  • WWDC18の参加者は 77 Country

  • Apple developersの人数は 20 million

  • AppStoreの利用は毎週 500 million Visitors

  • 近年はSwiftを教育の現場にも生かしすよう尽力

  • 全員がコードを書ける未来を描いている


iOS

iOS11は現状81%の利用率。満足度は95%。


Performance

対応Deviceについて、Performanceを大幅に向上。挙動の速さ向上を実現。


Measure

Measure * AR 機能登場 がデフォルトのアプリに登場。モノの長さが測れるだけでなく、システム上の物体をAR上に配置可能に。


Photo

For You のタブを新規で設ける。PhotoやUserのSuggestion機能、友人へのShare機能でより便利に。


Shortcuts

Siri:Shortcuts機能を充実させるため、Shortcutsアプリ登場。Suggestion内容のCustomizeを可能に。


GroupNotification

GroupNotification 複数人への同時通知。

通知センターの通知項目をカテゴリごとにまとめることが可能に。通知センターの表示数を少なくできます。


ScreenTime



  • ScreenTime でPerformance, Notification, AppStorageの状態を可視化。

  • アプリの利用にTimeLimitを設けられる。Kids用感。


Memoji

自分のアイコンが作れる Memoji 登場。デフォルトではanimalを数種類用意。作成したアイコンを写真に反映できる。


iOSまとめ

Performance向上 AR技術の向上 Shortcuts機能 がメインなイメージ。 Memoji 機能がとてもFunny。


watchOS


  • 様々なWorkout(hiking, cycling, etc)に応じてActivityをサポート。

  • Podcastsでスポーツ機器と連動。運動状況をリアルタイムにWatchで確認可能に。

  • Walkie-Talkie 歩きながら人と話すサポート。

  • SiriのShortcuts機能もちろん対応。

  • 学生証がApple Walletで対応できるように。


tvOS


  • DOLBY ATMOS

  • Apple 4Kの紹介


macOS


  • macOS次は macOS Mojave ダークテイストが特徴的。

  • Desktop Stack: テスクトップに乱雑に配置してしまったファイルを自動的にGroupingして整理してくれる機能。 :benri:

  • Finder内の機能が進化:pdf化が一瞬でできるように。

  • ScreenShot: iOS11同様、ScreenShot後すぐにペイントで編集できるように。ScreenShot動画も実現!

  • Mobile<->MacPC の画像送信が一瞬でできるように。
    -> 動作の簡略化 に焦点当てている印象。Shotcuts化。

これに Use Stucks 使うと、

こうなるんじゃ。

スクリーンショットをすぐ編集できるようになり、iOS同様便利に。


keynote 感想

今まで登場してきた新機能の 拡張効率化 が中心というイメージです。

新技術登場ドーーーンという会ではなかったのは残念です。

ただ、個人的に performance向上 shortcuts機能登場 で使いやすさが上がるのは嬉しいので、そのあたりの詳細を今後のSessionで聞きに行く予定です。