Help us understand the problem. What is going on with this article?

Twistedを利用してメールサーバーを立てる

More than 5 years have passed since last update.

Twistedを利用してメールサーバーを立てる

テストのためだけにsendmailやらpostfixやらqmailやら、
MTAを設定してconfigファイルを変更して、とか
大変だったりするし、だからといってゴミテストメールを
本番環境に対して送り付けるのもアレな気がする。
Minimockなどのモックライブラリを使うという手もあるが、
サポートしていないライブラリを利用していたら、とか
だるいときに使いたい。

Twistedは万能なので、簡単にメールサーバーを立ちあげられる。

動作環境

検証環境は以下のとおり。
(環境とソフトウェアが混ざってるのはご愛嬌)

ソフトウェア バージョン
Mac OS X 10.8
Python 2.7.4
Twisted 0.13.0

動作前準備

  • distributeはインストールしているか?

していない場合は、以下の手順でインストールしましょう。

> curl -O http://python-distribute.org/distribute_setup.py
> sudo python distribute_setup.py
  • pipはインストールしているか?

していない場合は、以下の手順でインストールしましょう。

> sudo easy_install pip
  • virtualenvはインストールしているか?

していない場合は、以下の手順でインストールをしましょう。

> pip install virtualenv

環境準備

Twistedをグローバルでインストールするのもアレなんで、
以下の感じでSandbox環境を作成しましょう。

> mkdir -p ~/Sandbox/TwistedMail
> cd ~/Sandbox/TwistedMail
> virtualenv python
> source python/bin/activate
> pip install twisted

起動!

以下で終わり

> twistd mail --maildirdbmdomain=example.com=/tmp/example.com --user=futoase=mogemoge

example.comのメールサーバーとして、且つ
ユーザーはfutoase、パスワードはmogemogeとして
設定、という形です。気楽ですね。

デフォルトたとSMTPのポートは8025、POP3のポートは8110となっています。
既存のMTAプロセスと衝突するとアレなんでポートはこのままが良いと思います。

動作の確認を行う

Pythonで簡易なメール送信テストスクリプトを書いて、
メールの送受信テストを行なってみましょう。

メールをfutoase@example.com側に送信する

Hello worldをfutoase@example.comに送り付けるスクリプトを書く。

#!/usr/bin/env python
# -*- coding:utf-8 -*-

import smtplib

server = smtplib.SMTP('localhost', 8025)
server.set_debuglevel(1)
server.sendmail('futoase@localhost', 'futoase@example.com', 'Hello world')
server.quit()

スクリプトを実行するとRCPTコマンドなどを
相手側に送信する。

send: 'ehlo matsuzakipc.local\r\n'
reply: '500 Command not implemented\r\n'
reply: retcode (500); Msg: Command not implemented
send: 'helo matsuzakipc.local\r\n'
reply: '250 matsuzakipc.local Hello 127.0.0.1, nice to meet you\r\n'
reply: retcode (250); Msg: matsuzakipc.local Hello 127.0.0.1, nice to meet you
send: 'mail FROM:<futoase@localhost>\r\n'
reply: '250 Sender address accepted\r\n'
reply: retcode (250); Msg: Sender address accepted
send: 'rcpt TO:<futoase@example.com>\r\n'
reply: '250 Recipient address accepted\r\n'
reply: retcode (250); Msg: Recipient address accepted
send: 'data\r\n'
reply: '354 Continue\r\n'
reply: retcode (354); Msg: Continue
data: (354, 'Continue')
send: 'Hello world\r\n.\r\n'
reply: '250 Delivery in progress\r\n'
reply: retcode (250); Msg: Delivery in progress
data: (250, 'Delivery in progress')
send: 'quit\r\n'
reply: '221 See you later\r\n'
reply: retcode (221); Msg: See you later

futoase@example.comに送られたメールを受け取る

Hello worldをfutoase@example.comというユーザーとして受け取る
スクリプトを書く。(ついでにDELEコマンドを使ってメールを削除する)

#!/usr/bin/env python
# -*- coding:utf-8 -*-

import poplib

client = poplib.POP3('localhost', 8110)
client.user('futoase@example.com')
client.pass_('mogemoge')
num_messages = len(client.list()[1])

for i in range(num_messages):
  for j in client.retr(i+1)[1]:
     print(j)

for i in range(num_messages):
  client.dele(i)

メールをPOP3を利用して取得するスクリプトを実行すると、
送信側で作成されたスクリプトの内容が表示される。

Delivered-To: futoase@example.com
Received: from matsuzakipc.local ([127.0.0.1] helo=matsuzakipc.local)
        by matsuzakipc.local with esmtp ([twisted, version 13.0.0])
        for <futoase@example.com>; Tue, 30 Apr 2013 13:23:12 +0900

Hello world

モックライブラリを使わず、
とりあえずテスト用のメールサーバーを立ち上げる、という点であれば
Twistedが楽。何も考えなくて良い。

overSSLもサポートしていたりする。
Twistedは無敵な気がする。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした