OAuth
authentication
reactjs
Auth0
Authorization

Auth0を使用したReactJSアプリの認証・認可チュートリアル

クラウド認証プラットフォーム Auth0を利用して、ReactJSでのユーザー認証機能、およびAPI認可を簡単に実装する手順をGithubに公開されたサンプルソースを使用して解説します。

Auth0 統合認証プラットフォーム

Auth0はWebアプリやモバイル、APIなどに対して認証・認可のサービスをクラウドで提供している、いわゆるIDaaS (Identity as a Service)ベンダーです。企業がもつWebアプリケーションやAPI, Native Mobile Appなどでユーザー認証や認可、セキュリティを組み込みたいけれでも実装が難しい・・・という方にオススメのソリューションを提供しています。

ReactJS認証チュートリアルを見る

スクリーンショット 2018-01-03 16.40.17.png

ReactJS 認証チュートリアルは以下のURLからアクセスすることができます。

Auth0 - ReactJS 認証チュートリアル
(2017/02/21に作成されたブログを翻訳したものです)

Githubに様々なプラットフォーム用のサンプルソースを公開

Auth0は今回のチュートリアルで使用したサンプルプログラムをはじめ、様々なプラットフォーム・フレームワーク用のサンプルプログラムをGithubに公開しています。今回紹介したReactJS以外にも多数のフレームワーク用のソースを公開していますので、お試ししてはいかがでしょうか。
Githubリポジトリ - Auth0

実際にAuth0を利用するには

Auth0のサービスは契約をしなくとも無償で評価(フリートライアル:22日間)をすることができます。フリートライアルは、Auth0のホームページにアクセスし、画面右上のスクリーンショット 2017-09-07 21.59.09.pngをクリックするとトライアル登録が行うことができます。ユーザー登録にはGitgubやGoogle, Microsoftアカウントを使用してサインアップすることできますので、試してみてはいかがでしょうか?