Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWSのMulti-Factor Authenticationでより安全に

More than 5 years have passed since last update.

ユーザー名とパスワード(第 1 の要素、つまりユーザーが知っているもの)の他に、AWS MFA デバイスからの認証コード(第 2 の要素、つまりユーザーが持っているもの)を入力することでアクセスをより安全にできる。

詳細:http://aws.amazon.com/jp/iam/details/mfa/

アプリの仮想 MFA デバイスで認証コードが作成できる。

デバイス アプリ
Android AWS Virtual MFA、Google Authenticator
iPhone Google Authenticator
Windows Phone Authenticator
Blackberry Google Authenticator

詳細:http://aws.amazon.com/jp/iam/details/mfa/

iPhone版の場合

1.アプリをダウンダウンロードしておく
スクリーンショット 2014-01-13 00.29.08.png

↑をダウンロード

2.https://console.aws.amazon.com/iam/home を開く

3.Manage MFA Deviceボタンをおす
スクリーンショット 2014-01-13 00.32.06.png

4.A Virtual MFA devive選択
スクリーンショット 2014-01-13 00.32.20.png

5.バーコードが表示されるので、これをアプリ(Google Authenticator)で撮影
スクリーンショット 2014-01-13 00.32.34.png

写真 1.PNG
写真 2.PNG

バーコードでスキャンされると、番号が表示されるので、これをフォームに入れる
30秒ごとにあたらしい番号が生成されるので、順番に
写真 3.PNG

Authentication Code 1 とAuthentication Code 2にいれる。

6.https://console.aws.amazon.com/iam/home 
でStatusがEnabledになったことを確認
スクリーンショット 2014-01-13 00.35.23.png

これで準備OK

7.動作確認
console.aws.amazon.comをサインアウトして、再度ログインしようとすると
通常のID/PASS入力画面のほかに以下の入力画面がでる。
ここで、アプリで表示されている番号をいれると2段階認証が完了する。

スクリーンショット 2014-01-13 00.36.02.png

Real devive

Virtual MFA deviveでなくて Real deviveがお好みなら
31br81HWCpL._SL250_.jpg
http://onlinenoram.gemalto.com
を購入してもよいそうです。

参考

[AWS] AWS Multi-Factor Authenticationを使う
↑IAMアカウントでMFAを有効にするときはこちら参照

kaizenplatform
Webサイト & Ad 最適化のSaaS "Kaizen Platform" を開発・運営する企業
https://developer.kaizenplatform.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした