Edited at

VScodeでAWS Cloud9の操作

図1.png


はじめに

AWSをVScodeでいじれないかなーと思っていたら、Live Sync for AWS Cloud9というAWS Cloud9と同期して、編集が行える。VScodeの拡張機能がありました!

image.png


  • 前提として、EC2インスタンスでCloud9の環境構築が完了しているとします。これからCloud9の環境を作る方は以下の記事を参考にしてください。

  • AWS Cloud9を動かしてみた


導入方法

グループの作成

1. AWSのコンソール画面から[IAM], [グループ], [新しいグループを作成]を順に選択。

2. 適当なグループ名を入力し、[次のステップ]を選択。

3. [AmazonEC2FullAccess]と[AWACloud9Administrator]の2つにチェックを入れ、[次のステップ]を選択。

4. [グループの作成]を選択。


IAMユーザーの作成

1. 続いて、コンソール画面から[ユーザー], [ユーザーを追加]を順に選択。

2. ユーザー名を適当に入力し、アクセス種類を[プログラムによるアクセス], [AWSマネジメントコンソールへのアクセス]の両方にチェックを入れる。

3. コンソールのパスワードは[カスタムパスワード]を選択し、[パスワードのリセット]は今回は不要にしました。

4. 先程、作成したグループをチェックし、[次のステップ:確認]を選択。

5. [ユーザーの作成]を選択し、[Access key ID]と[Secret access key]を取得。


VScodeでIAMユーザーの認証

1. [F1]、[Cloud Sync: Setup]を選択。

2. [Access key ID]、[Secret access key]、[region]を順に入力。


  • regionは以下を参考

Region Name
Region

米国東部 (オハイオ)
us-east-2

米国東部 (バージニア北部)
us-east-1

米国西部 (オレゴン)
us-west-2

アジアパシフィック (シンガポール)
ap-southeast-1

欧州 (アイルランド)
eu-west-1

あとは、VScodeを再起動し、VScode側のCloud9から[Environments]の接続したい環境上で右クリックで[Add to Workspace]を選択すれば完了です。

ということで、個人的に使い慣れた、VScodeがAWSで使えるのは画期的だったのでシェアさせていただきました!