JavaScript
nodejs
非同期処理
AsyncAwait

NodeJSでAsync/AwaitしてREST API 叩いて json を処理する

今回すること

最新のJSでは async/await を使うことができます。
C#でも同じキーワードですでに実装されていますが、非同期処理を簡潔に記述するための言語仕様です。

今回は、 async/await を利用して よしなにREST API を叩くコードを書いていきます。

環境

Azure Functions

コード

NodeJS で fetch を使うためには、パッケージを入れなければいけないです。

http://morizyun.github.io/javascript/node-js-npm-library-node-fetch.html

npm add node-fetch
const fetch = require('node-fetch');

// Bitcoin のレートを json で取得することができるAPI
const URL = 'https://coincheck.com/api/rate/btc_jpy';

// 非同期で レート情報を取得する
const data = async () =>{
    const response = await fetch(URL);
    if(response.ok) return response.json();
    return;
}

// レート情報をよしなに調理するメソッド
const showBitcoinRate = async () => {
    const bitcoinData = await data();
    console.log(`ビットコインのレートは${bitcoinData.rate}`);
}

showBitcoinRate();