Edited at

redis童貞のためのメモ 素人童貞編

More than 5 years have passed since last update.


サーバでredisを動かすぞ

/usr/local/bin/の下に入れたいときは/usr/local/srcに移動。

wget http://redis.googlecode.com/files/redis-2.6.10.tar.gz

tar xzf redis-2.6.10.tar.gz
cd redis-2.6.10
make

redis-2.6.10/src/の下にredis-serverとredis-cliのバイナリができるので/usr/local/binの下にシンボリックリンクを作る。

ln -s /usr/local/src/redis-2.6.10/src/redis-server /usr/local/bin/redis-server

ln -s /usr/local/src/redis-2.6.10/src/redis-cli /usr/local/bin/redis-cli

redis-serverで起動

redis-cliで対話モード -> 童貞編で覚えたことを使える


起動するための準備


ディレクトリ

sudo mkdir /etc/redis

sudo mkdir /var/redis
sudo mkdir /var/redis/6397


起動script

sudo cp redis-2.6.10/utils/redis_init_script /etc/init.d/redis



設定ファイル

sudo cp redis-2.6.10/redis.conf /etc/redis/6379.conf


/etc/init.d/redis startで起動


自動起動設定

/etc/rc.d/rc[0-6].d/のしたに/etc/シンボリックリンクを置く(/etc/init.d以下のシステムサービスの起動のランレべルはここで定義される。Sではじまるシンボリックリンクは起動。Kではじめるシンボリックリンクは停止)

0:off1:off3:on4:on5:on6:offにしたい

rc[0-1]|6.d 以下で ln -s ../init.d/redis K15redis

rc[2-4].d 以下で ln -s ../init.d/redis S15redis

を行う。

設定のdemonize yes

これでOK

たぶんつづく