Help us understand the problem. What is going on with this article?

お名前.comで取得したドメインのサブドメインをさくらレンタルサーバーで使う

More than 3 years have passed since last update.

さくらレンタルサーバーでの確認

  1. サーバーコントロールパネルにログインする
  2. 左のリボンの「サーバ情報とパスワード」の「サーバ情報の表示」を選択
  3. 「* サーバに関する情報 *」の表のIPアドレスをメモする

お名前.comでの設定

  1. ドメイン Naviにログイン
  2. 上の4つのタブの「ドメイン設定」から「DNS関連機能の設定」を選択
  3. 変更したいドメインを選択し、「次へ進む」ボタンをクリック
  4. 「DNSレコード設定を利用する」を選択
  5. ページ中段の入力フォームに入力する form.png
    • ホスト名には作成したいサブドメイン
    • VALUEにはさっきのさくらレンタルサーバーのIPアドレスを入力して
    • 追加する
  6. 一番下の「確認画面へ進む」をクリック
  7. 確認ページに遷移するので、一番下の「設定する」をクリック
  8. このページが出て
    loading.png

  9. 「お手続きを受け付けました。お名前.com会員情報のメールアドレス宛に申請・変更内容を記載したメールを送信します。」と表示されたページがでれば完了

さくらレンタルサーバーでの設定

  1. 左のリボンの下の方の「ドメイン設定」から「ドメイン設定」を選択
    スクリーンショット 2016-07-14 1.08.27.png

  2. 赤い「新しいドメインの追加」ボタンをクリック

  3. 「5. 他社で取得したドメインを移管せずに使う・属性型JPドメインを使う(さくら管理も含む)」を選択
    スクリーンショット 2016-07-14 1.07.56.png

  4. 「他社で取得された独自ドメインのサブドメインを追加」にお名前で作成したサブドメインを入力
    スクリーンショット 2016-07-14 1.09.31.png

  5. 「*送信する*」

  6. 確認画面に遷移するので、「*送信する*」

  7. 「ドメイン追加 完了」ページが出たら「>>詳細設定にすすむ<<」を行う
    スクリーンショット 2016-07-14 1.11.17.png

  8. 特に何も設定しないが「2. マルチドメインの対象のフォルダをご指定ください」だけ自分のフォルダを指定する必要がある。

  9. 入力したら「送信」

  10. このページがでたら終わり
    スクリーンショット 2016-07-14 1.17.45.png

おつかれさまでした。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away