Edited at

PHP よく使う関数 まとめ

More than 3 years have passed since last update.

 

■ require()

   ファイルを読み込む (読み込み時に失敗したらエラーが出て止まる)

   require_once('test.php');

   

■ include_once()

   ファイルを一度だけ読み込む (読み込みに失敗してもエラーはでるがその後の処理は続く)

   ※絶対パスの場合

   require_once realpath(dirname(FILE)).'./../test1/test2/test3.php';

■ htmlspecialchars()

   エスケープ処理(半角の<>’”&を無効にする)

   return htmlspecialchars($string,ENT_QUOTES,'UTF-8');

   

■ str_replace()

   不要なものを取り除く

   $tel = "080-6666-9999";

$henkan = str_replace("-","",$tel);//$telからハイフンを取り除く

■ preg_match()

   $int = 1234;

if(preg_match("/^[0-9]{2,3}$/",$int)){

    echo 'マッチ!';

    }else{

    echo 'マッチしない';

   }

   

■ nl2br()

   改行コードを
タグに変換して表示する

   $text = "1行目'."\n".'2行目'."\n".'3行目";

   echo nl2br($text);

   

■ mb_strlen()

   文字列の長さを調べる

   $moji = '毎日しあわせだな~';

   $moji_str = mb_strlen($moji,'UTF-8');

■ mb_substr()

   $text = 'あれはドラエモン';

   echo mb_substr($text,0,2,'UTF-8');//1文字目から2つ取り出した

■ mb_substr()

   $text = 'あれはドラエモン';

   echo mb_substr($text,0,2,'UTF-8');//1文字目から2つ取り出した

   

■ preg_match_all()

   $pattern = "/[※].*\n/u";

   preg_match_all($pattern,$text,$match);

   パターンにマッチした文字列が

   $match[0][0]から順番に格納される (2個目のデータなら $match[0][1]となる)

   

■ trim()

   $moji = "---ららら---";

   echo trim("-",$moji);

   

■ header()

   header("Location: test.php");

   

■ unset()

   変数、セッション変数や配列の値を破棄

   unset($SESSION['err_msg']);

   

■ in_array()

   $str = array('北海道','東京','大阪','沖縄');

   $timei = '京都';

   if(in
array($timei,$str)){

echo '京都は含まれています';

   }else{

echo '京都は含まれていません';

   }

■ mb_strimwidth()

   0から15文字まで表示される

   $str = mb_strimwidth($str, 0, 15, "...", 'UTF-8');

■ mb_convert_kana()

   $str = mb_convert_kana( "アイウエオ123456789", "ak", 'utf-8' );

■ array_unique(配列,比較方法)

   配列の中に重複したものを削除

   $array = array(0,1,2,3,4,5,0,1);

   $new_array = array_unique($array);

   

■ $new_params = array_merge($default_params, $params);